「アバターアワード2020」授賞式生放送が決定、ゲストに法元明菜が登場

ニュース 公開日:2020/12/10 8
この記事を
クリップ

一般社団法人VRMコンソーシアムが開催するVRアバターのファッションコンテスト「アバターアワード2020」の授賞式の模様が、12月13日(日)20:00よりニコニコ生放送で放送される。



「アバターアワード2020」は、独創的な進化を続けるアバター文化の振興とクリエイターの社会的認知度向上を目的として、一般より広く3Dアバター作品を募集し、優れた作品を表彰するアワード。

第1回目の審査員には、人気ファッション誌の『ViVi』や『VOGUE GIRL』など数々の雑誌を手がけてきたファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地彩弓氏、角川スニーカー文庫『涼宮ハルヒ』シリーズの挿絵を担当するイラストレーターいとうのいぢ氏、電撃文庫『ソードアート・オンライン(SAO)』などのミリオンセラーを生み出した編集者として知られる三木一馬氏、そして人気アニメ『輪るピングドラム』や『さらざんまい』を手がけた幾原邦彦氏など、多様な分野の第一線で活躍するクリエイターが参画する。審査においては、アバター作品の「キャラクター性・ファッション性・先進性」が評価基準となり、選考が行われる。



11月9日から11月30日までの応募期間で、総応募数は411件。その中から選ばれた優秀作品は、12月13日(日)の「アバターアワード2020授賞式」生放送のバーチャルランウェイにて紹介、表彰される。表彰式のMCを務めるのはニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記氏が務める。また、生放送では審査員から三木一馬氏、軍地彩弓氏、ゲストに声優の法元明菜が登場する。 



第1回「アバターアワード2020」 開催概要

【主催】一般社団法人VRMコンソーシアム

【実行委員長】大前広樹 (一般社団法人VRMコンソーシアム 理事 渉外委員会委員長 /ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン 日本代表ディレクター)

◆表彰式:2020年12月13日(日)20:00~

◆生放送URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329398214(外部サイト)

◆公式サイトURL:http://vrm-consortium.org/avataraward/(外部サイト)


【VRMコンソーシアムについて】

3Dアバター向けファイルフォーマット「VRM」の策定・普及を目的とした一般社団法人。

詳細につきましては以下のサイトをご覧ください。

https://vrm-consortium.org/(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。