「SUITS OF THE YEAR 2020」 3度目となる授賞式の開催が決定

ニュース 公開日:2020/10/23 4
この記事を
クリップ

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と世界文化社「MEN’S EX」が共催する「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード「SUITS OF THE YEAR 2020(スーツオブザイヤー)」。


「チャレンジを纏う=SUITS」をコンセプトに、ビジネス、芸術・文化、エンターテインメントなど様々な分野で活躍する人を複数部門で選出し、表彰。2018年にスタートし、3度目となる本授賞式の開催が決定した。


2020年はフルCGによるバーチャル授賞式を行う。⽇本では初めてのフルバーチャルのアワードとして、煌びやかな都会の夜景をCGで演出した。CGはアマナグループが提供する次世代型バーチャル・ライブ・ビジュアルソリューション「deepLIVE」にて制作。リアルよりも深い、ライブ体験を目指している「deepLIVE」が手掛けるフルバーチャルの授賞式会場は、高度な技術と洗練された表現力でグリーンバックからリアルな情景を作り出している。このCG夜景をバックに“チャレンジをし続ける”受賞者がスーツを着て登場。動画では受賞者全員が並んでいるように見えるものの、新型コロナウイルスの対策として、実際の撮影はグリーンバックで受賞者1人ずつ収録。CG技術を駆使した新しい表現にもぜひ注目してほしい。


私たちの⽣活が、働き⽅が、⼈との接し⽅が⼤きく変わった2020年。新たなチャレンジャーたちを通じて「SUITS」の価値を世の中に発信する、フルCGだからこそできる特別な授賞式を開催する。


11月5日(木)19:00に公式ホームページにて授賞式の動画を公開する。【ビジネス部門】【イノベーション部門】【スポーツ部門】【アート&カルチャー部門】の4部門から、時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰。今年は誰が選ばれるのかご期待いただきたい。



<「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」松本和佳>

 新型コロナウイルスが世界に大きな影響を与えた2020年、日々の仕事や生活が停滞や変更を余儀なくされました。

世の中の多くのことが「リセット(reset)」されたいま、以前の状態を取り戻す「リカバー(recover)」ではなく、仕事や生活のあり方を以前とは違うものに更新していく「リニュー(renew)」の意識を持つことが大切です。スーツも同じです。働き方が大きく変わり、スーツスタイルのイメージが更新されつつあります。受賞者5人が纏うスーツは、個性を発揮する武器としてのスーツであり、おしゃれの主役としてのスーツ。その新しさに目を奪われるとともに、時代を象徴する挑戦者たちを一段とすてきに見せる、スーツが持つ力を感じていただけると思います。驚く仕掛けのバーチャルアワードでスーツの魅力を体感してください。

 

<「MEN’S EX/MEN’S EX ONLINE」平澤香苗>

在宅ワークが増えるなど、仕事スタイルのあり方が大きく変わった2020年。「今年、スーツを着る機会が減った」という

ビジネスマンの声もよく聞きます。しかし、ビジネススタイルが軽装化した今の時代だからこそ、「スーツを着ることは最大のアドバンテージ」だと思います。ここぞというビジネスシーンでの勝負時に、スーツは仕事相手へのリスペクトを、そして自分の情熱を示すことができるからです。今回ご紹介する5名の受賞者たちも、個々のスーツスタイルを武器に、困難な1年に挑戦を続けてきました。その魅力を、バーチャルアワードという新しい表彰の形を通じてお楽しみください!


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ