看護士からモデルに転身、ファッション界のミューズ・萬波ユカが新分野に挑戦

ニュース 公開日:2020/10/06 2
この記事を
クリップ

ツインプラネットが、Donna modelと業務提携することを発表した。パリ、ニューヨーク、ミラノ、東京と世界のファッションシーンで活躍する萬波ユカを、ツインプラネットが推進するビジネスパーソナルシップのサービスを行い、共同プロデュースをすることとなった。コロナ禍で環境が変わり、日本での活動を中心に、更なるフィールドを広めていく



萬波ユカは、大学を卒業後、大阪で看護師として1年間勤務。「人生一回しかないから、やりたいことをやろう」と思い至り、モデルの道へ転身、上京。2015年のモデルデビュー後すぐ「FENDI」から声がかかりミラノショーで世界デビュー。ミラノのショーでは「FENDI」独占出演、続いてモデルデビュー2ヶ月にして「パリコレクション」デビュー。 新人にして世界トップモデルに。翌年からは「ミラノコレクション」、「ニューヨークコレクション」、「東京コレクション」など5大コレクションをはじめ、ファッションの最高峰「CHANEL」への出演。「Chloe」、 「 Dolce&Gabbana」、 「 MOSCHINO,」、 「DIOR」などのショーへ出演を果たしている。「UNIQLO」や「いろはす」、 「資生堂」の国内CMなどにも出演。 「VOGUE」や「ELLE」、「T-Magazine」,「BAZAAR」など世界的に発行されているファッション誌から、 「SPUR」や「NYLON」、 「SHELLTER」など国内ファッション誌でカバーモデルを務めており、多方面に活躍中。


本日萬波ユカよりコメントも到着した。


萬波ユカ コメント

はじめまして、 萬波ユカです。 どんなお仕事でも体を張ることが大好きです!モデルとしてはもちろん、 その枠を超えた表現の場を広げていきたいと思っています。 宜しくお願い致します。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ