M.S.S Projectら参戦『ニコニコネット超会議2020』で“スペシャル”な試合

ニュース 公開日:2020/04/22 13
この記事を
クリップ

2020年4月12日~4月19日の計8日間にわたり開催されたインターネットの祭典『ニコニコネット超会議2020』にて、4月18日11時より「PUBGストリーマースペシャルマッチ」が開催され、ニコニコ生放送およびTwitchのniconico公式チャンネルで生放送された。


本番組は、さまざまなプラットフォームで活躍するゲーム実況者56人が集結し、人気バトルロイヤルゲームの『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』で対戦した。MCには、自身もゲーム実況者である茸となな湖、そしてゲーム大会MC・実況アナウンサーのOooDaの3名が出演。なな湖は、「自宅が尋常じゃなく汚いが、Zoom(リモートチャットが行えるビデオアプリケーション)の機能で見えなくできるのがすばらしい」とリモート出演についてコメントしていた。


大会には、人気ゲーム実況グループ・M.S.S Project(FB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、あろまほっと、eoheoh)の4名、恭一郎、にじさんじ所属の静凛、蛇足、こーすけなども参戦。名実ともに“スペシャル”な試合となった。OooDaは、「大物実況者の方ばかりが参加されているので名前は挙げにくいですが、競技者目線で言うとGiepie選手や、NottinTV選手、ひのくーら選手、にごんご選手、K4waC(かわしー)選手などに注目しています」とコメント。なな湖は「いっしょにゲームをしているバケゆかくんは相当うまいので、このメンバーのなかでも戦えると思う。M.S.S Projectの皆にも期待しています」と、それぞれが注目する選手を挙げている。


いよいよ1ラウンド目がスタート。『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』は、一定時間が経過すると安全地帯が円形に収縮していき、その内側に入らなければ徐々にダメージを受けて最後には倒れてしまう。後半になるほど安全地帯が縮小するので、自然とプレイヤー同士の戦いが発生しやすくなるのが特徴だ。普段のプレイだと、激戦区と呼ばれるエリアに降りて銃撃戦を楽しむプレイヤーが多いと言われるが、今回は大会というだけあり、各自武器や物資を確保しつつ慎重に行動していたのが印象的。


安全地帯の2回目の縮小を告げるフェーズ2時点で、生存者数は47人。ここからはプレイヤー同士の接触も多くなり、ステージの至るところで激戦がくり広げられる。ふたりのプレイヤーが戦い、生き残ったプレイヤーがすぐさまほかのプレイヤーに倒されるなど、ドラマティックなシーンも多く見られた。


途中、こーすけが被弾。そのこーすけを狙っていたのは......?M.S.S ProjectのFB777だったため、MCは大盛り上がり。人気ゲーム実況者やプレイヤー同士がゲーム内で邂逅するのもスペシャルマッチの醍醐味だ。


安全地帯がさらに縮小するフェーズ4に入った段階で生存者は29人だったが、フェーズ6に突入した時点で15人まで減り、いよいよ終盤へと歩みを進める。まだまだ多くのプレイヤーが生き残っているが、ここで注目を集めたのはこーすけ。いち早く安全地帯の中心付近の建物に立て籠もり、時間の経過を待つ。ほかのプレイヤーが激戦をくり広げているあいだも断固として動きを見せず、安全にやり過ごしていた。絶妙な位置取りにより、安全地帯の縮小をやり過ごして後半戦に備える。


フェーズ9に突入し、最後に残ったのはGiepieとふぇりしあの2名。壁を隔てて一進一退の攻防を見せるが、より中央に近いGiepieのほうが若干有利という状況。少しずつ移動しようとするふぇりしあに素早く接近し、近距離から銃撃して相手を撃破。Giepieが勝ち残り、見事ドン勝を収めた。バトルが終了したあとには優勝者のGiepieにインタビュー。Giepieは「ソロだと障害物にプレイヤーが隠れていて移動中に倒されてしまうことも多いので、今回はなるべく早く安全地帯に入って安全を確保することを心掛けました。1キルだけして優勝でもいいと思っていたので、7キルはよくできたほうだと思います」と感想を語った。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 21件)