廣瀬大介、狩野翔らが「ハレスタ」クリスマスイベントで甘い囁きを披露

ニュース 公開日:2019/12/24 12
この記事を
クリップ


続いては、歌って踊れるガールズロックユニット「Q’ulle(キュール)」のメンバー、 いとくとら・まぁむ・ゆずきと、「踊ってみた」動画が人気のアイドル・愛川こずえが、クリスマスプレゼントとしてサイン色紙を携え登場。「クリスマスの想い出」のコーナーでは、いとくとらが「人生史上一番酔っ払った」というクリスマスエピソード「泥酔事件」についてトークを展開。続いて行われたバイノーラルマイクを使った企画では、愛川が「来年のクリスマスも一緒に過ごしてくれますか?」という囁きを披露。愛川は「本当に人に話しているような気持ちになって、ドキドキしちゃいました」と恥ずかしがり、隣で聞いていたいとくとらは「(聞いていて)恥ずかしくなっちゃった」と顔を赤らめる場面も。4人が参加する踊りの祭典『ダンマスワールド』の追加出演者からのVTRメッセージでは、小林幸子、まなこが登場し、観客を盛り上げた。


「クリエイティブうたのおねえさん」として活躍する松山あおいもクリスマスムードで盛り上がるハレスタに登場。松山は「作ること」を特技とし、作詞・作曲、衣装、オリジナルグッズなどを自作しているという。また、「アニソンシンガーになる」という夢を叶えるために自分でテレビアニメをも作ったというエピソードにはMCの2人も驚きを見せた。クリスマスプレゼントには、お誕生日ワンマンライブの為に作ったという「なりきり女児服Tシャツ」にサインを入れて持参。バイノーラルマイクに囁く企画では、「おねえさんと一緒にパオパオしよ?」と甘い囁き声で披露。アニメの主題歌にもなっているオリジナル曲『おねえさん動物園』の掛け声「パオパオ」を引用したセリフに、画面は「パオパオ」とコメントが続々。「パオパオは地球を救う」「パオりたい」など熱い思いも寄せられた。

続いてスタジオにやってきたのは、アニメ『A3!』斑鳩三角役や『王室教師ハイネ』レオンハルト役などで知られる声優の廣瀬大介。MC陣と共演したこともあるということで、スタジオは終始和気あいあいとしたムードに。バイノーラルマイクのコーナーでは、吐息混じりに「あ.....だめ.....。今夜は帰さない」との、あまりにもセクシーなささやき声には、観覧に来ていたファンたちは身悶え、中には半泣きになる人の姿も。手に唇を当ててのキス音や、オネエな雰囲気の「あんたも好きね!」、カワイイ雰囲気のセリフをコメントでねだられると「ねぇねぇ、今年のプレゼントは僕だよ」とすぐに対応するなど、終始サービス精神旺盛にファンを喜ばせ続けた。


「リアルとバーチャルの融合」をテーマにするハレスタでは、様々なアーティストとの共演が実現。この日はバーチャルYouTuber(VTuber)のアメノセイもスタジオにやってきた。アメノセイは中性的な見た目で、本人も自分の性別が分かっていない。「クリスマスの想い出」について聞かれるとアメノセイは、「バーチャルで生まれたのは去年の夏頃。2018年が初クリスマスでそれまでに知り合ったVtuberをクリスマスパーティーに呼んだが、誰も来なかった」と切ないエピソードを告白。バイノーラルマイクの企画では囁いて欲しいセリフをその場で募集。「ぼくのものになりなよ」と投稿でリクエストされた囁きを披露。言った本人が身悶えしながら「恥ずかしいですね。なかなか言わないセリフですもんね」と、顔を隠しながら「みなさん見ないでください」と恥ずかしがる場面も。そんな姿にも「カワイイ!!」とのコメントの弾幕が飛び交い、その愛らしい一挙一動に歓声が上がった。


番組も後半を過ぎ登場したのは、お笑いコンビ「トータルテンボス」の二人。クリスマスプレゼントには、「しのびねえな。かまわんよ」と書かれたサイン色紙を持参。「今年を振り返って、懺悔したい事」の告白の企画では大村が「藤田がタイでそういうお店の女性とのツーショット写真を週刊新潮さんに売られ、大変世間を騒がせしてしまい申し訳ございませんでした」とバイノーラルマイクに向かい謝罪。アンケートを取ると「許さない」という結果になり、相方の大村は爆笑。藤田は「許さないのかよ。なんでだよ!俺が何か生活脅かしたかよ!!」と反論する場面も。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)