廣瀬大介、狩野翔らが「ハレスタ」クリスマスイベントで甘い囁きを披露

ニュース 公開日:2019/12/24 12
この記事を
クリップ

東京・池袋のサテライトスタジオ「ハレスタ」(運営:ドワンゴ)で12月21日、クリスマスイベント『ハレスタX'mas~サンタがいっぱい大集合!だいたい6時間SP~』が開催された。


2019年11月1日にオープンした「ハレスタ」は、幅広いジャンルのゲストを迎え日々イベントを実施している。クリスマスイベントとなる今回は、今話題の人気声優や人気アイドルグループなどさまざまなジャンルのゲストを迎え、クリスマスの思い出にまつわるトークなどを6時間にわたり開催。イベントの模様はニコニコ生放送で生中継された。また、オープンスタジオとなる同スタジオには観覧客も多く訪れ、ゲストたちに多くの声援が送られた。

イベントでは各ゲストがクリスマスプレゼントを持参。ハレスタに設置された、視聴者の耳元で囁いてくれるような臨場感が演出できるバイノーラルマイクを使った企画のほか、「クリスマスの思い出」や「今年を振り返って、懺悔したい事」の告白などをお題に盛り上がった。


まず始めに登場したゲストは、ダンス&ボーカルユニット「スクランブルガム」。メンバーの荒友哉、石川凌雅、石綿宏司、川村海斗、高橋憲太、濱川英也、山本諒雅がそれぞれ自己紹介をするとニコニコ生放送では「カッコイイいいいい!!!」などのコメントが殺到。ハレスタへの登場は今回で2回目の同ユニット。前回参加できずに初登場となった濱川は「ちょっと緊張している」としながらも、「一発目のゲストなので盛り上げるぞと、肩を回してきました」と意気込みを語った。持参したサイン入りブロマイドのクリスマスプレゼント企画や、各メンバーのクリスマスの思い出を披露し盛り上がった後には、バイノーラルマイクを使った企画も。石川の 「こんな僕と一緒に居てくれてありがとう。大好きだよッ (ちゅっ)」と甘いセリフとキス音に、視聴者は悶絶。「おおこれはいい」「むりしぬ(;ω;)」などのコメントが寄せられた。また、3rd Digital Single『Got Move! Share Love!7 』の紹介の場面では、荒が名曲『ラストクリスマス』の替え歌でアピールする場面も見られ、その美声に歓声が上がった。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)