グラビアアイドル開坂映美ら、競輪の魅力伝える“けいマルガールズ”に就任

ニュース 公開日:2019/12/17 16
この記事を
クリップ

競輪の魅力を伝えるユニット・けいマルガールズの結成発表会が都内で行われた。385人の応募者の中からオーディションで選ばれた候補生7人で、一般投票を実施し、最終的に田村響華、八伏紗世、開坂映美の3人が投票に勝ち残り、けいマルガールズを結成することになった。




けいマルガールズに選ばれた開坂は「普段はグラビアアイドルとして活動をしていて、今回の投票を通して私を知ってくださった方がすごく多くて、ファンの方の支えなしではここには立てていないと思うので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」。八伏は「2ヵ月半ファンの方の投票があったんですけど、そのファンの方の応援があってこその結果だと思っています」。田村は「普段は声優の活動をメインにやらせていただいていますが、この2ヶ月半、ファンのみなさんの応援があって、この場所に立てています」とそれぞれコメントした。

競輪の魅力を聞かれた開坂は「最初はどうやったら楽しいのか考えながらやっていましたけど、初めて撃沈したときに楽しさを知りました。自分の好きな選手を見付けて、その選手を応援する楽しさだったりとかを競輪で学んでいきました。ちなみに応援している選手は坂井洋選手です」と語った。

意気込みについて開坂は「今回けいマルガールズに選んでいただけたことを後悔されないような活動を頑張ってしていきたいと思っています。私けいマルガールズの中では、おそらく体を張ったようなロケとかできるタイプなので、そんなロケにも行ってみたいです。そして競輪も学んでいろんな人に知っていただけるようになっていければいいなと思います」と意気込んだ。

今後の活動について開坂に聞いてみると「まずは競輪の知識をもっともっと増やしていくことが大事かなと思っています。もっと深い読みでできるようになりたいと思っているのと、より多くの選手を知ることで、競輪は人同士の戦いでもあるので、そういう人間模様を楽しんでいきたいです」と話した。

最後に開坂は「より多くの人に競輪を知ってもらったうえで、競輪の楽しさをまた知ってもれることを私たちが少しでもサポートできたらいいと思っています」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)