高橋大輔選手、なぜアイスダンスなのか?決断の真意とは

ニュース 公開日:2019/10/25 43
この記事を
クリップ

フィギュアスケートの高橋大輔選手の書籍『誰も知らない高橋大輔』(著者・居川大輔氏/関西テレビ放送株式会社)が10月25日に発刊された。

本書は、 関西テレビで放送された同名のドキュメンタリー番組「誰も知らない高橋大輔」および「新・誰も知らない高橋大輔」を元に、 約13年間の取材に新規取材を加え、 再構成し書籍化。





著者が取材を開始した当時19歳だった高橋大輔選手は、 トリノ五輪出場直後。観客は少なく、今ほど男子フィギュアスケートが注目されていなかった。女子フィギュアスケートが盛り上がる中、男子フィギュアスケートをよく知らず、戸惑いながらも取材を始めた著者と高橋大輔選手の距離感は、13年の時を経て素直な気持ちを言い合える関係となった。
 
2018年の現役復帰シーズンを皮切りに、ニコライ・モロゾフコーチとの出会い、名演技と言われた「名古屋のファントム」、ケガ復帰後のバンクーバー五輪でつかんだ銅メダル、世界選手権初優勝、苦しみもがいたソチ五輪など、多くの人に感動を与えた名場面は臨場感をもって描かれている。

くわえて、 高橋選手が頑なに4回転ジャンプに挑み続ける理由や、今だからこそ語れる引退時の心境、4年のブランクを経て突然の現役復帰、そして2020年より転向するアイスダンスへの挑戦の舞台裏など、長年そばで見続けてきた著者だからこそ聞き出せた、“誰も知らなかった”高橋選手のありのままの姿が凝縮された内容になっている。

さらに、2019年9月。衝撃の発表が。高橋大輔選手が競技者としての男子シングルを引退、そして2020年よりアイスダンスの選手となることを発表した。「なぜアイスダンスなのか?」。決して気まぐれな選択ではない。この決断の真意も本書の見所となっている。



【書誌情報】
タイトル:誰も知らない高橋大輔
著者:居川 大輔(関西テレビ放送株式会社)
定価:(本体1,600円+税)
発売日:2019年10月25日
判型:四六判並製、 単行本
240p(4色=32p/1色=208p)
ISBN:978-4-04-108617-9
★特典:Amazon限定版(ポストカード2枚つき)、 通常版(ポストカード1枚つき)の2種類。


   


この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ