M.S.S Project 10周年プロジェクトが始動、令和初の全国ツアーは大盛況で閉幕

ニュース 公開日:2019/09/06 35
この記事を
クリップ


オープニングパートが終了すると、ここからはゲーム実況コーナーへ。まずは、お絵かきの伝言ゲーム「テレストレーション」。カメラがそれぞれの手元を映す度に客席から大歓声が。イラスト一つとってもメンバーの個性が溢れる。これもMSSPの魅力だろう。さすがに4人は意思疎通もバッチリ、と思いきや。全員が安定して正解する中、FBはお題であるシャボン玉をバズーカ砲?で表現してしまい、不正解。会場も爆笑の渦に包まれた。

FBが画伯としての一面を披露した次は「PixARK」へ。今回のツアーを通して装備や施設を作り上げてきたゲームで難問の「氷の城」に挑む。「頑張れ!!!!」会場からの応援を受け、ボスを討伐した4人。ゲーム実況コーナーで楽しそうな顔や真剣な表情。これもMSSPの魅力の一つだろう。見事「氷の城」をクリアすると、MSSPはお色直しへ。

ここでスクリーンでは某有名女優をオマージュしたFBの姿に会場から絶叫が飛び交う中、「F子の部屋」がスタート。早速、自己紹介でKIKKUNには厳しく、あろまには甘く、eoheohには「家畜役?」と辛辣な意見を突きつけるF子。ただし、FBについては興味津々なようで、3人に「FBとはどんな人なのか?」と投げかけるシーンも。メンバーの趣味や好きな食べ物など、それぞれの個性について赤裸々に語ったところで番組は終了。

メンバーカラーのジャージに身を包んだMSSPが再登場し、次のコーナー「HELL or HEAVENチャレンジ」がスタート。タイトル通り、天国と地獄。最下位になったメンバーには罰ゲームが待っているため、4人の表情は真剣そのもの。最初のチャレンジは「重ね履き 海パン選手権!」。ステージ上に広げられた海パンを4分以内に何枚履けるのか?というシンプルなゲーム。勢いよく海パンを履き続ける4人。KIKKUNが「疲れてきた!」と叫ぶと会場からは「頑張って!!!!」と黄色い声援が巻き起こりる。結果は、KIKKUNが26枚で最下位。1位は、あろまとeoheoh。なんと30枚も海パンを履くことに成功。

続いては、「タッグ de 罰ミントン」へ。センブリ茶や物ボケ、わさび寿司などの罰ゲームを切り抜けつつ、タッグに分かれて勝利を目指す。第1試合はFB&あろまが勝利!続く第2試合はあろま&eoheohが快勝を飾り、次のゲームへ。


最後のゲームは「ワードチョイス大喜利」。会場に集まったファンへワードの書かれたカードが配られるとKIKKUNとあろまが客席へ回収に向かいます。つかみ合ったり、おんぶをしたり、カードを奪いあったり。じゃれ合いながらワードを集める2人。これにはメンバーのわちゃわちゃ感をこよなく愛する多くのファンも大満足。ステージに戻るとお題が発表。「イケメンが言ったらカッコよくなりそうな言葉」がお題。会場から回収したカードに書いてあるワードを2つ組み合わせて、回答を作る。ここで、勝利を掴んだのは「キュートな世界」と囁いたKIKKUN!続いてはFB対eoheohへ。お題は「おはようございます!の代わりに定着しそうな新しい挨拶」。結果は「青空 炎上」でeoheohが圧勝。
最終戦はKIKKUN対eoheoh。お題は「会場が盛り上がる最高のあおり言葉」。結果、優勝はeoheohに決定!

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ