アリーナ・ザギトワ、Numéro TOKYOが見た16歳の少女の“素顔“とは

ニュース 公開日:2019/04/25 15
この記事を
クリップ
}/

2018年秋より「SHISEIDO」のグローバルアンバサダーとして活躍している女子フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワ選手が、2019年4月26日(金)発売のNuméro TOKYO(扶桑社) 6月号に登場する。

撮影の数日前、世界選手権で初優勝を果たしたザギトワ選手は、若干16歳にして才能・強さ、強さ…女性なら憧れるものをすべて手にした。今回の撮影では、資生堂協力の下撮影が実現し、大人っぽいモードなファッショに身を包みながらもティーンエイジャーらしいあどけなさが溢れるカットが収められている。




その他、美の頂点に立つザギトワ選手のビューティに関するインタビューなど7ページにわたり魅力あふれる内容となっている。

撮影の数日前、世界選手権で初優勝を果たしたばかりだったザギトワ選手。今回はドレアップしたショットだけでなく、ブラトップにジーンズというラフなファッションでも撮影に挑んでいる。ヘアメイク前に撮影したすっぴんは、16歳のあどけなさの中に金メダリストとしての貫禄も宿し、フレッシュでピュアなオーラに包まれています。ハッとするほど美しいお肌の秘訣とは?ザギトワ選手こだわりのスキンケアや、美しさを保つルーティンワークを明かしている。

この記事の画像一覧

関連タグ