髙橋大輔 モードをナチュラルに着こなす、5年半ぶりに『VOGUE』に登場

ニュース 公開日:2019/03/28 47
この記事を
クリップ

4年ぶりに競技復帰したフィギュアスケート選手、髙橋大輔が女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』2019年5月号(3月28日発売)登場する。



復帰後初となるファッションシューティングでは、 ジバンシィやジル・サンダーといったモードをナチュラルに着こなした。5年半ぶりの『VOGUE JAPAN』の撮影に対し、前回よりも自然な仕草とポーズで撮影に応じた高橋選手は、「前回はファッション誌の皆さんと撮影するということ自体がほぼ初めてだったので、最初の方はとにかく皆さんのパワーに圧倒されてしまって。 今回は、 ここ数年でヴォーグでコラボしたアイスショーが何度もありましたので、 「いつものチーム」で撮影するという感じで、 楽しくリラックスして撮影に臨めました」と撮影を振り返った。また、撮影に密着したメイキング映像は本日公開。

スペシャルインタビューでは、 復帰までの経緯や今シーズンのヴィジョン、そして『VOGUE JAPAN』がアーティスティックコンサルタントを務めるアイスショー「氷艶 hyoen2019-月光かりの如く-」への思いを語った。


【関連商品】


   

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ