雑誌付録初の「超望遠8倍スマホレンズ」で桜やレジャーの写真もお望み次第

ニュース 公開日:2019/03/15 2
この記事を
クリップ
}/

小学館が発行するトレンドマガジン「DIME」5月号(3月15日発売)を買うと、雑誌付録初の8倍望遠レンズがもれなく付いてくる(※電子版に付録は付きません)。これまで雑誌の付録には、広角タイプのスマホレンズが付いたことがあったが、8倍望遠タイプのレンズが付くのは初。花見、旅行、入学式、スポーツイベント、音楽ライブなどなど、イベントが目白押しのこの季節。ぜひ、この「超望遠8倍スマホレンズ」を手に入れて、楽しい写真を撮りに出かけてみてはいかがだろうか。
 
しかもフォーカスリングが付いていて、ピント調整もできるスグレもの。実際にこの望遠で撮影した画像がコチラ。
 





ここまで、寄れる!!

この望遠レンズを使って実際に撮影したカメラマン・もりひろゆきさんにコツを教えてもらった。「まず、ピント合わせに少しコツがあります。最初に望遠レンズのフォーカスリング回し、ピントを合わせます。このとき、スマホのオートフォーカスが迷って迷ってしまうことがあり、そんなときはスマホ画面で被写体をタップしてください。この2段階できれいにピントが合います」

望遠となると、撮影時の手ブレも気になるところ。「簡易な三脚を付けて固定して撮影するのがベストですが、ない場合は椅子でも壁でもいいので、手首を何かに添えてブレないようにしましょう」

花見に、レジャーに、イベントに…ふとした瞬間にあると便利な超望遠スマホレンズを、ぜひお楽しみいただきたい。使い方はあなた次第。そして、大特集は「春の新製品ベストバイ」。働き方が変わる3大トピックスで今春の最新家電とスキンケア、スーツを紹介。ほかにも、今話題の「自動翻訳機」、「ブロックチェーン」、「スマートスピーカーの最新スキル図鑑」など、春に押さえておきたい情報が満載。

【関連商品】


   
 



この記事の画像一覧

関連タグ