川栄李奈、佐野勇斗ら「スニーカーベストドレッサー賞」に選出

ニュース 公開日:2019/02/21 8
この記事を
クリップ
}/

2月21日に「スニーカーベストドレッサー賞 2019」が都内のホテルで開催され、川栄李奈佐野勇斗レイザーラモンRGらが登壇した。

川栄李奈は「散歩がすごく好きで散歩するときはよくスニーカーを履いているし、おしゃれなスニーカーがたくさんあるのでこれからもたくさんスニーカーを履きたいです。」と笑顔でトロフィーを受け取り、佐野勇斗は数あるスニーカーコレクションの中からその日の一足を選ぶ基準はという質問に対して「40足ほど持っているスニーカーに”調子はどう?”と話しかけて会話することで調子を確認して選びます!」とユーモアを交えながら自身のスニーカーに対する想いを教えてくれた。




トークセッションでは、一児のママでもある近藤千尋が、「子育てするときは普通にスニーカーを履き、お出かけの時にはスニーカーの中にインソールを入れて、スニーカーを履いてもスタイルアップできるように心がけています。」とママとモデルの両目線からファッションアイテムとしてスニーカーを普段どのようにコーディネートしているかこだわりを披露し、kemioは、スニーカーの魅力について「1番の魅力はむくまないところで、長時間のフライトで履いても全くむくみが気にならないところが好きです。」とアメリカと日本を行き来するkemioさんだからこそ感じる魅力を語った。

野中生萌は、普段スニーカーをどのような観点で選んでいるかという質問に対して「競技中はとてもキツイ靴を履くので、足に負担がかからないスニーカーを選ぶようにしています。」とアスリート目線での観点を語り、スニーカー芸人として名高いレイザーラモンRGは、「R-1ぐらんぷりで早々に敗退したので今回賞を受賞できて嬉しいです。スニーカーベストドレッサー賞は右足と左足2人にとってのM-1グランプリです!」とスニーカーベストドレッサー賞への想いと、お馴染みのあるあるネタで”靴ひもあるある”を披露し会場が笑いに包まれた。