梶裕貴 話題の漫画「メタモルフォーゼの縁側」の魅力を語る

ニュース 公開日:2019/01/11 5
この記事を
クリップ
}/

声優として第一線で活躍している梶裕貴が、宝島社「このマンガがすごい!2019」オンナ編 第1位、「THE BEST MANGA 2019 このマンガを読め!」(フリースタイル)第1位と、 W1位を獲得した話題沸騰中のコミックス「メタモルフォーゼの縁側」(KADOKAWA刊)についての感想コメントを寄せている。




―ゆったりとした、 穏やかな流れの中で「生きるとは?」「自分とは?」を考えさせてくれる作品でした。

梶裕貴 (声優)


本日、公開となったコメント動画では、 梶ならではの視点から 「メタモルフォーゼの縁側」の魅力が存分に語られている。 今後も、各界著名人による「メタモルフォーゼの縁側」の感想コメント動画が続々と公開されるという。そちらも楽しみに待っていよう。


「メタモルフォーゼの縁側」
年の差、58歳。二人はマンガともだち。

たまたま立ち寄った書店、たまたま手にした一冊。そして始まる新しい毎日―。亡き夫と通った思い出の喫茶店が閉店し、立ち寄った書店では料理本コーナーがいつもと違う場所に。 過ぎ去っていく時間に寂しさを覚えた時、 彼女の目に止まったのは一冊のコミックス。

75歳の老婦人と書店員の女子高生がBLを通じて織りなすのは、 誰もまだ見たことがない日々だった。 何も変わらない毎日のなかで、それでも少しずつ変わっていく日常は、きっと穏やかで眩しい。


関連タグ