バーチャルキャスト、オプト・スパイスと提携しVTuber活用支援サービスに技術協力

ニュース 公開日:2018/11/28 3
この記事を
クリップ

株式会社バーチャルキャストは、企業に向けた VTuber 活用支援のさらなる強化のため、株式会社オプトと株式会社スパイスと連携し、このたび提供開始するソリューションサービス「VTuber Made」において、同社が提供する VR ライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」での技術協力を行うことが発表された。

VTuber Made」は、VR 総合プラットフォームを創出し事業展開するバーチャルキャストと、デジタルにおける企画や運用を強みとするオプト、そして3DCG モデルの制作やモーション撮影を得意とするスパイスグループが連携する有償のソリューションサービス。3社それぞれの知見や強みを活かすことで、キャラメイクやモデリング制作、動画の企画・制作、SNS を含めた運営業務など、戦略立案から実行、効果検証まで一気通貫を実現している。バーチャルキャストでは主に、動画・番組制作や、イベント企画・運営、またそれらのコンサルティングなどを担う。




バーチャルキャストでは、これまでも VR ライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」の活用において寄せられた多くの企業や団体の要望・ニーズを受け、ビジネスシーンの利用に向けたコンサルティングやサポートを含めた体制を構築し、有償パッケージ化によるソリューションサービス「バーチャルキャストエンタープライズパッケージ」を 9 月より提供しています。今回、企業に向けた VTuber 活用支援のさらな強化のため「VTuber Made」に技術協力した。

【VR ライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」 について】
バーチャルキャラクターになったユーザーが VR 空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできる VR ライブ・コミュニケーションサービス。ニコニコ生放送などの生配信サービスを介してスタジオを公開したり、公開中のスタジオに”乱入”することも可能で、自由に好きなキャラクターになりきりコミュニケーションを楽しむことができる。

◆株式会社バーチャルキャスト
株式会社バーチャルキャストは、昨今の VTuber の急速な盛り上がりを受け、株式会社インフィニットループと株式会社ドワンゴが今後の VR 市場の世界的な成長を見据え、2018年7月27日に設立した新会社。インフィニットループが持つ「開発力・マーケティング力」と、ドワンゴが持つ「エンタテインメント事業の総合力・UGC プラットフォームやその運営ノウハウ」、そしてドワンゴを傘下に収めるカドカワグループ全体が持つ「IP・調達力」を結集し、強みを最大限に活かすことで、先進的なプロダクトを集結させた”VR総合プラットフォーム” を創出し、あらゆるユーザー、クリエイターが自由に VR 空間で活躍できる場を提供する。

◆株式会社オプト
株式会社オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していく。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなる。

◆株式会社スパイスについて
株式会社スパイスは、グラフィック制作から 3DCG 制作、web 制作のプロダクションで有り、モーションキャプチャシステムの輸入販売も行なっている会社。

関連タグ