初音ミクが喋るコラボカーの制作決定、ドワンゴ×Hondaの共同プロジェクト詳細発表に

ニュース 公開日:2018/11/23 4
この記事を
クリップ
}/

株式会社ドワンゴと、本田技研工業株式会社は、11月22日のニコニコ生放送にて、共同プロジェクトの詳細を発表した。

共同プロジェクトの第一弾として、誰もがプロデュースできるバーチャル・シンガー初音ミクが車の挙動に合わせて喋るスマートフォンアプリ「osoba(オソバ)」を2019年1月にリリースする。また、2シーター・オープンスポーツS660(エスロクロクマル)に、「To LOVEる -とらぶる-」シリーズなどで人気の漫画家矢吹健太朗が作画した初音ミクをラッピング。「osoba」と連動させる事で見た目も中身も初音ミクなコラボカーを制作し、2019年1月11日(金)~13日(日)に幕張メッセで行われる「TOKYO AUTO SALON 2019」での展示を目指す。





12月18日(火)のプロジェクト中間発表ニコニコ生放送では、矢吹健太朗が描く初音ミクのイラストを公開し、2019年1月の完成発表ニコニコ生放送では完成したコラボカーを初公開する。

また、本プロジェクトの公式コスプレイヤーに人気コスプレイヤーのえなこが就任し、矢吹健太朗の描いた初音ミクをリアルに再現する。2019年1月の完成発表ニコニコ生放送でその全貌を公開する。さらに、「TOKYO AUTO SALON 2019」ではコラボカーの展示に合わせて公式コスプレイヤーえなこの撮影会も決定した。

さらに、「osoba」のメインテーマには、VOCALOIDプロデューサーのDixie Flatlineが描き下ろしで楽曲を提供、ミュージックビデオを動画クリエイターのまきのせなが担当する。一般参加が可能なアプリ内で流れる楽曲の募集コンテスト「初音ミク楽曲コンテスト」の審査員には作曲家でピアニスト、さらにジェニーハイのバンドメンバーとしても活動している新垣隆と、お笑い芸人ながら自身で主催フェスを行うなどDJとしても精力的に活動をしているやついいちろう、メインテーマも担当しているDixie Flatline等が名を連ねる。最優秀作品には最新のMacBook ProなどのDTMセット(楽曲制作セット)が送られるほか、音楽配信サイト「ドワンゴジェイピー」での楽曲配信も行われる予定だ。

12月18日(火)の中間発表ニコニコ生放送、2019年1月の完成発表ニコニコ生放送、「TOKYO AUTO SALON 2019」出展と盛りだくさんの内容でお届けする本プロジェクトに期待したい。


《スマートフォンアプリ「osoba」概要》
サービス名:osoba
ジャンル:エンターテインメント
対応OS:iOS
配信日:2019年1月予定
価格:無料

公式サイト:https://www.osoba.ai/


初音ミク楽曲コンテスト概要》
スマートフォンアプリ「osoba」で流れるドライブ時に楽しめるような楽曲の募集コンテストコンテスト期間:2018年11月8日(木)~2019年12月20日(木)23:59まで
賞品:MacBook Pro 13インチ、iTunesカード 3万円分、音楽配信サイト『ドワンゴジェイピー』での楽曲配信など
応募方法:初音ミクを使用したイントロ/アウトロを含むボーカル楽曲を、ニコニコ動画へ[タグロック]して投稿
※詳細は公式サイトでご確認下さい。


《プロジェクト中間発表ニコニコ生放送概要》
生放送日:2018年12月18日(火)21:00~
出演者:じゅんいちダビッドソン、かえひろみ、やついいちろう 他

URL:http://live2.nicovideo.jp/watch/lv316841258

©矢吹健太朗/集英社

この記事の画像一覧