大島優子、1年ぶりイベント登壇「身がキュッとなりました」

ニュース 公開日:2018/11/08 9
この記事を
クリップ
}/

「戦略性×ドラマ」をコンセプトとした大人気本格シミュレーションRPG『ファントム オブ キル』が、スマホゲームとしては長寿の4周年を迎えるということで、同じくAKB48卒業してから4年という大島優子をCMキャラクターとして起用、新CM発表会が都内で開催された。

留学を経て1年ぶりのイベント登壇となった大島は、久々に報道陣のカメラフラッシュを浴び、「身がキュッとなりました」と語ると、早速自身の出演する新CMの完成版を壇上で初確認し、「あんな短期間で作った作品がもうこんな形で!」「ゲームの中に私が入ったようなイメージ」とご満悦の様子。




今回のCMではこれまでの4年を振り返りながら颯爽と前を向き歩く大島さんの姿、そして「さあ、暴れようか」という凛としたフレーズが印象的。さらに最後には「久々のアイドルモードで、ここが一番苦労しました」という「ん?」と可愛い困り顔を見せるシーンも見どころとなっている。さらにゲーム体験がスタートすると、「えー!凄い!めちゃくちゃ絵がキレイ!」と感心し、時折キャラクターボイスの真似っ子をしながら華麗にミッションコンプリート。

また、トークセッションでは留学中のエピソードにも言及され、現地で車を運転できるようにし、アメリカ横断の自動車旅行を行うという“人生チャレンジ”も公開した。締めくくりには『ファントム オブ キル』と大島が歩んだこれまでの4年、そして今後を祝して巨大ケーキのサプライズ差し入れが。このサプライズには「これ、食べられるんですか!?」と前のめりになるシーンも。

イベント最後の挨拶には今後の展望として、女優業の再始動に関し「気合を入れ直さなければ」「不安と期待でいっぱい」との言葉があったが、この安定したイベント進行を見る限り、今後の女優業も安泰に違いない。

この記事の画像一覧

関連タグ