古閑美保&安藤美姫、現役時代の裏話を語る「浅田真央は白鳥、私は…」

ニュース 公開日:2018/10/30 11
この記事を
クリップ

元女子ゴルフ賞金女王の古閑美保と、 元フィギュアスケート選手の安藤美姫が「戦え!スポーツ内閣」に出演。 女子ゴルフ界と女子フィギュア界のかつてのヒロインたちが現役時代に味わった苦労の裏側を語る。



 
古閑といえば現役時代、 “ヘソ出し”美人ゴルファーとして話題となったが、 その裏では日本女子プロゴルフ協会への苦情が絶えなかったという。 “ヘソ出し”となってしまった理由は、 当時の女子ゴルファーのファッションが過渡期にあり、 「だんだんとポロシャツが小さくなってきたから」と明かした古閑。 普通に歩くだけだとポロシャツの裾はベルトの下まであるが、 スイングをすると裾がめくれ上がるサイズになってしまったという。
 
さらに、 当時ゴルフメーカーが販売していたTシャツタイプのウェアで出場したところ、 またしても日本女子プロゴルフ協会に苦情が殺到。 しかし、 そんな声に負けないのが元賞金女王たるゆえん。 古閑は「Tシャツタイプのウェアも規定で認められてるんですから」と言い、 「あえてTシャツを最終日まで着てプレーしてやりましたよ!」と当時を振り返った。

先日現役引退を発表した卓球の福原愛についても話を振られた古閑は「女子ゴルフ界でいうと宮里藍ちゃん、 卓球界でいうと福原愛ちゃん、 フィギュアスケート界でいうと浅田真央ちゃん。 彼女たちこそがヒロイン!ヒロインという言葉が似合う!」と断言。 これには安藤も同調し、 「よく(浅田と2人で)言っていたのは、 『真央は白鳥、 私は黒鳥』」と、 なにかと比較されがちだった現役時代を振り返った。

MBSテレビ『戦え!スポーツ内閣 古閑美保が!安藤美姫が!ヒロインたちにひとこと言わせて!SP』は10月31日(水)よる11時56分から放送。