髙橋大輔選手、復帰への思いを激白「スケーターとして生きたい」

ニュース 公開日:2018/10/26 43
この記事を
クリップ
}/

「TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち おかえりなさい!髙橋大輔選手号(表紙・巻頭特集/髙橋大輔選手)(KISS & CRYシリーズVol.24)」が、 本日10月26日(金)に発売になった。

表紙・巻頭大特集は、 “己のスケートを取り戻し、 最高のパフォーマンスをする“ことを目標に、 日本男子フィギュアスケート界に帰ってきた髙橋大輔選手。 「It's My Life」と題した独占スペシャルグラビア&ロングインタビューでは、 スケーターとして生きる決意、 覚悟、 葛藤を赤裸々に告白。 「理想は見えないけど、 スケーターとして生きたいと、 心が1本に決まった」「“誰かのため”ではなく”自分のため”に滑りたい」といった率直な思いを語っている。




 また、 「2018近畿フィギュアスケート選手権」の完全速報リポートや「フレンズオンアイス」のフォトリポートなど、 今の高橋選手のすべてが詰まった渾身の演技を一挙紹介。 長年にわたって指導し続けてきた長光歌子コーチだからこそ語れる、 髙橋選手の武器と今後について、 その言葉にも注目だ。 そして、 引退から今回の現役復帰までの4年間を追った「髙橋大輔ドキュメント2014‐2018」も掲載。 4年間模索し続けた表現者としての挑戦を、 当時のコメントを交えて振り返る。

第2特集は今年40周年を迎えた「プリンスアイスワールド」のフォトリポート。 髙橋大輔選手、 宇野昌磨選手、 町田樹さん、 プリンスアイスワールドチームなど、 歴史あるアイスショーの魅力を余すところなく伝える。
 
現地で・TVで楽しむためのフィギュアスケートファン必携の1冊に期待いただきたい。

この記事の画像一覧