「僕らは奇跡でできている」要潤が見どころや撮影ウラ話語る

ニュース 公開日:2018/10/20 7
この記事を
クリップ
}/

高橋一生が主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット 毎週(火)よる9時放送)。

生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝(高橋一生)が周囲の人々を翻弄しながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。一輝が講師を務める大学の研究室メンバーで准教授の樫野木聡を演じる要潤が、10月20日(土)、大阪市内のカンテレ本社で取材に応じ、ドラマの見どころや撮影の裏話を語った。




初めに「撮影は和気あいあいと穏やかに進んでいます。研究室でのシーンが多いんですが、鮫島教授役の小林薫さんがムードメーカーですね」と現場の雰囲気を語った要。自身が演じる樫野木聡という役柄について「樫野木先生は、どこか何かを諦めたような人間です。離婚を経験していて、研究室のメンバーからも『どうして離婚したんですか?』とよく聞かれるのですが、まだその理由を明かしていません。離婚という大きな事件がきっかけに、ちょっとドライというか、大切なものを失ってしまったのかなと思いますが」と分析。「僕もこれからの展開をまだ知らないので、想像の範囲ですが、相河先生と向き合う中で、樫野木もだんだん変わっていって、相河先生や鮫島先生に離婚した理由を話す機会がどこかにあると思うんです。そんな風に、一生さん演じる相河一輝を通じて、周りの人々が大切な何かに気づかされ、変わっていくドラマです」と話した。

一輝を演じる高橋とは同い年の要。撮影現場でもよく話すといい、「すごく刺激を受けています。僕とは真逆の性格で、休みができると2~3日、山にこもるらしいんですよ。僧侶っぽい。空海と同じ道を辿ったりしているらしいんです。僕の出身地の香川県に剣山という山があって、そこには空海が座禅を組んだり修行を積んだといわれる岩があるんですが、それと同じことをしてますね。『剣山には秘密があって…』と、僕も知らないようなことをたくさん知っている。すごいなと思いますね」と、高橋の意外な一面を吐露しつつも、要は「僕はシティ派なので、東京にいたいですね」と笑いを誘った。

「一生さんは、もともと生き物や自然が大好きで、一輝のキャラクターそのままです。動物の話を始めると止まらない。セットにある本棚の専門書を読んでいたので『何の本ですか?』と聞くと、『これはですね…』とずっとしゃべっています」と、高橋と一輝の共通点を語った。

これからのドラマの見どころについて要は「マイペースな相河先生が、純粋な思いを持って学生たちにいろんなことを伝えていくんですが、やりすぎてしまって、問題になってしまう。でもよく考えると“今の時代だから問題になる”という風に描かれている。たくさんの布石が打たれていて、いろんなことがつながっていきます。続けて見て、ここからの展開を楽しんでほしいですね」と視聴者へのメッセージを送った。

10月23日(火)よる9時から『僕らは奇跡でできている』の第3話が放送される。


この記事の画像一覧