キスマイ北山宏光主演『トラさん』飯豊まりえ、要潤ら追加キャスト発表

ニュース 公開日:2018/10/17 8
この記事を
クリップ

2014年より集英社『月刊YOU』に連載され現在も復活連載中、ある日突然、死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が実写映画化を果たす。




映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』で、主人公の売れないマンガ家・高畑スズオを演じるのは、今回映画初主演となるKis-My-Ft2北山宏光。妻と娘への愛は誰にも負けないけれど、新作も浮かばず、ギャンブルに溺れるダメ夫だけど、どこか憎めないスズオと、猫のトラさんという難しい“二役”を担い、スクリーンデビューを鮮やかかつチャーミングに飾る。

妻・ナツコには、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍し、独特の存在感を確立した女優・多部未華子。娘・ミユには、天性の演技力で注目を浴びる子役・平澤 宏々路。大切な人と過ごせる毎日こそが、この世で一番の奇跡だと心に刻む感動の物語が誕生した。誰も見たことのない愛のカタチを描く。

そしてこの度、本作の追加キャストが解禁となった。

突然の交通事故で死んでしまったスズオが向かったあの世の関所の裁判長役に、芸人として活動するかたわら、脚本家や役者、ナレーターとしても才能を発揮、その活躍がとどまることを知らないバカリズム。家族を顧みず、自分勝手に生きてきたスズオ(北山)を“猫”として家族の元へ戻し、これまでの人生を挽回するよう課題を与える、重要な役どころを担う。続いて、猫の“トラさん”になったスズオの良き理解者であり、アドバイスを与えるお嬢様猫・ホワイテスト役には、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」など話題作への出演が相次ぐ飯豊まりえ。北山のトラさんとはまた違った、キュートな猫姿を披露する。

スズオの同期でいまや超売れっ子のカリスマ漫画家・浦上栄剛役には、俳優として独自の存在感を放つ要潤。多趣味な浦上のキャラクターを演じるにあたり、劇中では瓦割やチェンバロ演奏に挑戦、本作で新たな魅力を見せている。さらにスズオの担当編集者・桜木亜子役は、富山えり子が演じ、北山演じるスズオと独特でコミカルなかけ合いを繰り広げる。『トラさん』の世界を創る最高のキャストが集結した。

高畑家に突然訪れる悲劇、そして、その先にある信じられない奇跡。北山は“トラさん”―猫になって、愛する家族に何ができるのかー2019年最高の感動作が誕生しました。北山宏光初主演作『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2019年2月15日(金)より全国ロードショー。

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会