長澤茉里奈「ノーマーク爆牌党」で初ヒロイン、休憩時間も麻雀打つ

ニュース 公開日:2018/10/09 5
この記事を
クリップ
}/

並み居るグラビアアイドルの中でも群を抜いた童顔にパーフェクトボディ。「合法ロリ巨乳」まりちゅうの愛称で人気沸騰中の長澤茉里奈

2016年には、講談社主催のミスiD2016選考委員による最終選考を前に、一般投票1位となり見事ミスiD2016を獲得するなど、その注目度は高く国外のファンも多い。そんな、まりちゅうが映画「ノーマーク爆牌党」で初のヒロイン役を務めるという。




―まずは「ノーマーク爆牌党」初のヒロイン役ということでおめでとうございます。

長澤

ありがとうございます。本当に嬉しいです。

―長澤さんは雀荘通いなど麻雀愛好家であることが知られていますが、麻雀との出会いはどのようなものだったのでしょうか。

長澤

出会いは今から2年前に、「咲-Saki-」という麻雀アニメの実写化プロジェクトに(妹尾佳織役として)出演させて頂いたのがきっかけなんです。その時は初心者役だったので、「あんまり勉強しないで」って言われていたんですけども、この出演がきっかけでテレビ対局に呼んでいただけるようになり、そこから勉強を始めました。勉強を始めたらどんどんハマってしまい、雀荘に行くくらいになりました(笑)

―今回は麻雀をテーマにした評価の高いマンガ「ノーマーク爆牌党」でのヒロイン九蓮宝燈美役ということですが、ヒロイン役が決定した際のお気持ちはいかがでしたか?

長澤

オーディションに行った時は本当に受かると思っていなくて、でも同時に受かりたいという気持ちが強かったんです。それが受かったと聞いた瞬間、嬉しさの反面、「ノーマーク爆牌党」というファンの多い、みんなに愛される作品の九蓮宝燈美ちゃんじゃないですか。プレッシャーで押しつぶされそうになりました。どうしよう!みたいな。演技経験も全然ないなかで、出演のみなさんも豪華で、ヤバいぞこれ!ってなりました。

―いま豪華な出演陣というお話ありましたが、撮影現場の雰囲気などはいかがでしたか。

長澤

みなさん人見知りもせずしゃべってくれて。楽しかったんですよ!石田さん(NON STYLE・石田明=爆岡弾十郎役)はホントにムードメーカーで場を和ませてくれて。矢本さん(矢本悠馬=鉄壁保役)もカメラが回るとしっかり鉄壁くんになるんですけど、カメラが回っていないところではずっとふざけてて(笑)高崎さん(高崎翔太=当大介役)とコンビでずっとふざけてましたね。女性は私一人だったので、寂しくなっちゃうかと心配していたんですが、全然そんなことなかったです。

―そんな仲良しな皆さんで休憩時間に麻雀を打ったりもしたんですか?

長澤

あ!打ってました!矢本くんは初心者だったので打つのに必死という感じでしたが、石田さんも高崎さんも慣れてて。エキストラさんとも休憩が一緒になることが多くて、結構麻雀を楽しめました。

―強かった方や印象的な勝負はありましたか?

長澤

国士(国士無双)上がってる人がいました!エキストラの方で!マジか!みたいになりましたね。同時に別の卓ではドンピシャなタイミングで石田さんが四暗刻出してたりして。もうその時は凄かったですよ。

―長澤さんと言えば、雀荘通い、週末には場外馬券場、夜は立ち呑みと女性には敷居の高いスポットへの出入りが多いかと思いますが、こういったところへ初めて入る時、怖気づいてしまったりはしないんですか?

長澤

そんなに怖さは感じないですね。私は一人でどこでも行けちゃうタイプなので。そういったスポットに限らず、ラーメン屋さんとかも一人で行けますし、呑もうと思えば一人で呑みにも行けますし。特にそこに行く自分に何も思ったことが無いというか、自分自身でも自分のことをオジサンだと思ってるんでしょうね(笑)違和感すら感じられないです。雀荘にフリーで入ったことは1回くらいしかなくて、大抵は麻雀仲間とセットで入りますね。呑んでから。麻雀勉強会の後なんかも2~3杯呑んでから「あ、雀荘行く?」みたいなノリで行ったりしています。

―確かに中身オジサン感がすごいですね!ちなみにそういった麻雀仲間はどのように?

長澤

グラビアのお友達、天木じゅんちゃんとか、鈴木ふみ奈さんとか、倉持由香さんとか麻雀好きのグラビア仲間を誘ったり、プロ雀士の資格を持ってる篠原冴美さんと仲良くして頂いているので、そこからまた人脈を広げさせてもらったり。麻雀を始めるまでは、人と楽しく外に出るということが無かったので、麻雀によって外に出てコミュニケーションが取れるようになったという流れは新鮮でしたね。

―内向きに感じられる麻雀を通じて社交的にという流れは深いですね。劇中の話に戻りますが、ヒロインの九蓮宝燈美ちゃんと、ご自身と比べていかがですか?共感できる部分や、対象的な部分などありましたら教えてください。

長澤

わかりやすいところで言えば、宝燈美ちゃんは麻雀が大好きで、仲間と雀荘にいくのが好きというところは共通点ですね。これが唯一くらいじゃないかなと思う共通点です(笑)しっかりモノなんです。宝燈美ちゃんは。頭もいいし、意志も強いし。私は人に頼っちゃう部分があったりするので、対象的な「憧れ」を感じちゃいますね。

―それでは最後になりますが、「ノーマーク爆牌党」全体や、宝燈美ちゃんを取り巻く部分の見どころや魅力を教えてください。

長澤

今回の「ノーマーク爆牌党」元からのファンの方や麻雀好きには確実に楽しめる作品になっているんですけども、麻雀が好きじゃないという方も、見終わって「あ、麻雀やりたい」と思えるくらい物語が面白くて、主演の2人は闘牌シーンも本当にかっこよくて、ラストのシーンなんかは必見です。絶対に見てほしいです。私の役どころとしては2人の間に揺れる思いも描かれているので、ヒューマンドラマとしても見応えたっぷりに仕上がっているかと思います。


<公開初日舞台挨拶 決定>

【場所】シネマート新宿

【日時】10月27日(土) 16:25の回上映後/19:10の回上映前

【登壇者(予定)】石田明(NON STYLE)、矢本悠馬、長澤茉里奈、高崎翔太、富澤昭文監督(敬称略) 


この記事の画像一覧

関連タグ