ザギトワ、愛犬マサルと愛猫イリースカの縄張り争い終結に安堵「我が家は平和になる」

ニュース 公開日:2018/10/04 10
この記事を
クリップ
}/

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワが4日、埼玉県内で行われた寝具メーカー『エアウィーブ』のイベントに出席。愛犬・マサル用のマットレスがプレゼントされた。

今年5月に秋田犬保存会からザギトワへ贈呈された秋田犬・マサルは、愛犬家である同社代表より以前プレゼントされたマットレスで寝ていたといい、今ではマサルが大きく成長したことで、そのマットレスが小さくなってしまったことから、今回、以前プレゼントされたものより大きめの特別仕様のマットレスがプレゼントされた。




以前、マットレスをプレゼントされた際のエピソードを聞かれたザギトワは「実はそのマットレスを最初に使ったのはマサルではなくて、私が飼っている猫(イリースカ)でした」と告白して会場の笑いを誘い、「マサルが帰ってきたときに、イリースカはすでにそのマットレスを占領していて、最初は縄張り争いがあったんですが、結局はマサルが勝ちました。自分の場所だということをイリースカにわかってもらうために(マサルがマットレスに)おしっこをかけてマーキングしたんですけど、カバーは取って洗濯機で洗えて、本体はシャワーで綺麗に洗えたのでまったく問題なかったです」と回顧した。

また、同社代表からサプライズでイリースカ用のマットレスもプレゼントされたザギトワは「イリースカも自分のマットレスを持てたので、バトルが終わって我が家は平和になると思います(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメント。現在のマサルとイリースカの関係性を聞かれると「今は仲良くしていて、マサルはイリースカを尊敬していて、逆にイリースカもマサルを認めて尊敬しているので問題ないです」と語った。

さらに、ザギトワにとってマサルはどんな存在か問われると「私にとってマサルはお友だちです。フィギュアスケートは狭い世界で、しかも私は生まれ故郷から別の街に引っ越したので友だちがあまりいなくて、たまに誰かと話したいとか、抱っこしたいとか、自分の気持ちを表現したいときもあるんですが、友だちができなくてつらいときもありました」としみじみと語り、「マサルは私の気持ちを理解してくれて、私はマサルを抱っこしたり、自分の1日の出来事を話したり、私も誰かに愛されたい気持ちがあったので、マサルはそういう意味で愛してくれる友だちです」とニッコリ。「お互いに抱っこするとエネルギーを得ることもできますし、練習のときにうまくいかないときもありますけど、そのときはマサルもイリースカも来てくれて、私の気持ちを理解しているなあと思うときがあるので、ありがたい気持ちになります」と感謝した。

また、平昌五輪時より身長が7cm伸びたというザギトワは、競技パフォーマンスに影響や変化が生じたか尋ねられると「今シーズンに入るときに少し背の感覚(の変化)がありましたけど、コーチのサポートもあって慣れてきました。人間が成長することは当然のことで、慣れるしかないということがわかったので問題ありません」と答え、今シーズンの目標については「まずはクリーンに滑って大会ごとにスコアーを伸ばして、気持ちをよく表しながら、フィギュアスケートを愛しながらスケートをすることが目標です」と目を輝かせた。

関連タグ