鈴木奈々「私NG無いけどキスはダメ!」上島竜兵に強烈ビンタ

ニュース 公開日:2018/09/23 14
この記事を
クリップ

ゲームの市場規模がエンターテインメント業界の大きな割合となりつつある昨今、この盛り上がりを象徴する加熱っぷりをみせるのが「東京ゲームショウ2018」だ。9月20日(木)より23日(日)まで幕張メッセが大きな注目となるわけだが、もちろん様々なゲームやサービスの大型発表も続々。中でもサイバーエージェントグループブースで行われた、Sumzapの戦国ジャンルNo.1スマートフォンゲーム「戦国炎舞 -KIZNA-」が「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」とのコラボという大型発表はとにかくド派手。




なんと100人の“志々雄真実”で会場をジャックしてしまおうというのだ。「ゲームは旦那が大好きです」という鈴木奈々が登壇し、コラボ内容を紹介しようとしていると…。ステージ前が100人の志々雄真実に占拠され、ステージ上にも怪しげな3人の志々雄真実が!?しかし、ここで臆すること無い鈴木は「ホンモノですか?ちょっと違いますよね!」と切り込み慌てさせると、「ホンモノの志々雄真実は全身やけどで熱さには強いんですよ!多少のことなら熱いって言わないはず!」とステージには熱々おでんが用意され、志々雄真実のホンモノ具合が試されることに。

誰がやる?俺が、じゃあ俺が、なら俺も…どうぞどうぞ!とどこかで見たことのあるくだりで熱々おでんチャレンジャーが決められると、「しらたきはダメ!」との懇願からチクワが口に添えられると、「あっづっ!」っと予想通りの熱々大惨事で剥がれた仮面の下からはダチョウ倶楽部・上島竜兵があらわれた。このまま「ダチョウ倶楽部は尊敬しているリアクションの神様」と語る鈴木も熱々おでんにチャレンジという流れになったかと思えば、口論からの「キスはダメ!わたしNG無いんだけどキスはだめ!」と上島とのキスならぬ、強烈なビンタで会場を沸かせた。

このド派手な志々雄真実によるジャック騒動は、これだけにとどまらず、現在は「戦国炎舞 -KIZNA-」特設サイトやSNSもジャック中とのことで、大規模なプレゼントキャンペーンまでが開催されているという!このド派手で熱々なチャンスを見逃すな。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)