吉岡里帆&高橋一生、笑顔で火9ドラマ主演を引き継ぎ

ニュース 公開日:2018/09/18 4
この記事を
クリップ

今夜、最終回を迎える火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(略称:ケンカツ)で主演を務める吉岡里帆が撮影を行っている区役所のセットに、10月9日(火)にスタートする火9ドラマ『僕らは奇跡でできている』の主演・高橋一生が訪問し、“主演引継ぎ式”を行った。





現在放送中の“ケンカツ”は吉岡演じる、新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。えみるは、受給者たちの壮絶な人生に直面し、困惑しながらも奮闘。目の前で困っている誰かのために汗をかき、自立への手助けをしていく。一方、10月9日にスタートする新ドラマ『僕らは奇跡でできている』は、高橋一生が民放ゴールデン・プライム帯(午後7時~11時)の連続ドラマで初主演を務める作品で、生き物のフシギに目がない大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマ。

そんな高橋が、ケンカツの撮影現場を訪問した。以前ドラマで共演したことがある二人は「ご無沙汰しています」と互いに笑顔で挨拶。「(撮影は)どうですか?」と、高橋が声をかけると、「難しい題材ですが、すごく意味があるドラマだと責任を感じながらやっています」と、吉岡。そして、高橋が演じる役について触れ「動物行動学の講師ですよね? ドラマ拝見します!」と元気に宣言した。そんな吉岡に高橋も笑顔になり、「(主演を)引き継がせていただきます!」と応じた。

高橋は吉岡に対して、火9ドラマの主演を務めた感想を質問。「(大阪の)関西テレビに番宣で行ったんですけど、めちゃくちゃ温かく受け入れてくださって、それがものすごく糧になりました。次も温かいお話だと聞いています!」と話した。主演を引き継ぐ高橋は「今まで僕がやらせていただいた脚本とは、ちょっとドラマのセオリーが違う。“積み上げていく”というよりも、“最初から完成されている”人間の役だから、見てくれる人たちがどう感じてくれるのか、ちょっと今不安ではあるんですけれど、皆さんが楽しく撮っていらっしゃるから、それを引き継ごうと思っています」と、意気込みを語った。

そんな高橋が演じるのは動物行動学を教える大学講師・相河一輝。好奇心にあふれ、気になることは徹底的に研究する一方、苦手なことは先送り、時間やルールを守れず、興味のない話はすぐに熱が冷めてしまう。そのため周囲からは“変わり者”として評されるが、常識にとらわれない発想やモノの見方で、周囲に変化をもたらしていく。共演は、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、田中泯、戸田恵子、小林薫といった実力派俳優陣。高橋が演じる“変わり者”の一輝と、個性豊かな俳優陣が織りなす、新鮮かつコミカルな物語に注目が集まる。

一方、吉岡里帆が全身全霊を捧げてきたケンカツは、今夜9時にいよいよ最終回を迎える。先週の第9話では、えみるが見守ってきたハルカ(永岡心花)の失踪していた母・梓(松本まりか)が突如帰ってくるが、再び娘を放置。保護費が振り込まれていないと鬼の形相で区役所に乗り込んできた梓とえみるは対峙(たいじ)、一週間以上の放置は虐待にあたると問い詰めるが、梓は激高、事態は警察沙汰に…。果たして、ケースワーカーと受給者、両者の生き様を描いたドラマオリジナルの結末とは―!?

またケンカツの最終回放送直後には、『僕らは奇跡でできている』の世界観がわかるPR動画も放送される。最後の最後まで、どうぞお見逃しなく!