高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」フレッシュな追加キャスト発表

ニュース 公開日:2018/09/06 9
この記事を
クリップ

10月9日にスタートする新ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜よる9時放送 カンテレ・フジテレビ系)。高橋一生が民放ゴールデン・プライム帯(午後7時~11時)の連続ドラマで初主演を務める作品で、生き物のフシギに目がない大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマ。

既に発表されている、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、田中泯、戸田恵子、小林薫に加えて新キャストが決定。西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、矢作穂香、北香那、広田亮平が高橋の教え子の大学生役として出演する。西畑にとって、今作がゴールデン帯に放送される連続ドラマへの初出演となる。




4人が演じるのは、一輝が教べんをとる大学の学生役。“楽に単位が取れるから”“生き物が好きだから”といったそれぞれの動機で、一輝が教える動物行動学の授業を選択した4人組。西畑は、イケメンなのにちょっぴり“天然”で、同級生からツッコまれる新庄龍太郎を演じる。群馬県から上京するものの、人生の目標は特になく“大学=遊ぶ場所”という認識で毎日を過ごしている。

そんな新庄を演じる西畑は、これまで連続テレビ小説「ごちそうさん」や「あさが来た」に出演してきたが、今作でゴールデン帯連続ドラマへの初出演を果たす。出演が決まった時の気持ちについて尋ねると「すごく嬉しい気持ちと“どうなるんやろ?”っていう不安がありました」と、本音を吐露。顔合わせで初対面した、主演・高橋一生の印象について「なんであんなに白シャツが似合うんやろと(笑)。僕も白シャツを着てきたんですけど、似合い方が全然違うな~という感じでした。この作品にかける思いを熱心にお話される姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!」と話し、早くも高橋座長への信頼の高さをうかがわせた。そんな高橋との共演について「僕にとって高橋さんは“テレビの中の人”だったので、こんなに早く共演させていただけることは光栄ですし、間近でお芝居を見られるのはすごくうれしいです!」と、喜びを爆発させた。最後に「ハートフルで気持ちがほわっと明るくなって“今週も頑張ろう!”と思っていただける内容になっていると思います。ちょっとコメディー要素もあったりして、クスッと笑っていただけるような部分もありますので、ぜひさまざまな世代の方に見ていただきたいです!」と呼びかけた。

矢作穂香演じる青山琴音は、ファッションが大好きなオシャレ女子大生。気になる異性に対しては積極的に行動する、“肉食系女子”。最初は一輝の授業に無関心だったものの、一輝の予期せぬ言動が頭から離れなくなり、徐々に興味を持つようになっていく。矢作はドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」での一途なヒロイン役が国内外で好評を博し、映画でも数々の話題作に出演するなど、その表現力には定評があり、今作ではどんな演技を見せてくれるのか、期待が高まる。

北香那は、生き物が大好きな真面目女子・尾崎桜を演じる。4人の中で唯一、熱心に一輝の授業を聞いているものの、自分に自信がないため、意見や発言はできない、控えめな女子学生。ドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京)でジャスミン役を演じ、一躍注目を浴びた北。今作では、これまでと異なる魅力で、視聴者を楽しませてくれるに違いない。

広田亮平が演じる須田巧は、4人の中で一番のしっかり者。天然な新庄の言動にツッコむこともある。4歳から子役として活躍し、連続テレビ小説「こころ」や大河ドラマ「花燃ゆ」「真田丸」に出演するなど、着実に演技力を培ってきた広田。今作でも安定した存在感で、物語に花を添えてくれるはずだ。

次世代を担うフレッシュな顔ぶれが加わる「僕らは奇跡でできている」。クスッと笑えて、最後はほっこりする物語。ぜひご期待いただきたい。

1/2ページ