ボカロIA、国際情報オリンピック日本大会にLIVE出演

ニュース 公開日:2018/09/04 5
この記事を
クリップ
}/

9月2日 茨城県つくば市 国際会議場で第30回国際情報オリンピック日本大会(IOI 2018 JAPAN/以下「IOI」)の開会式にIAがアンバサダーとして出演した。

この大会には、秋篠宮家の次女佳子さまがご臨席され、初の英語でのスピーチをするということもあり、報道各社が大いに注目をしていた。そんな中で、IAはオープニングとしてLiveを行った。

開会直後に、ヴァーチャルアーティスト「IA」のLiveが始まると、張り詰めた空気が一気に活気づき、来場の選手たちは、声援や手拍子でIAのライブを楽しんでいた。




今回は、演目自体は2曲とMCというShortサイズの公演ではあったものの、1曲目の「Reload(ゲスト:ONE)」では、和を感じる背景CG映像の中で忍者風の衣装に身を包んだIA、ONEとダンサーがシンクロしながら殺陣をアレンジしたダンスを披露する等、日本の伝統美とテクノロジーによる演出で、選手団を歓迎した。

 2曲目の演目は、MCを挟んで「IOI」公式テーマソングとなる楽曲『Euphoria』。いくつかの公演では既に披露されている楽曲だが、今回はキッズダンサーを8名を交えた演出になっている。子供達のハツラツとしたダンスとIAのパフォーマンスに、会場は和やかな雰囲気に包まれ、選手らの手拍子によってライブに一体感が生まれた。IAは、この大会でアンバサダーとして1年に渡り広報活動も担ってきた。この活動を通じて今までにない新たな挑戦をすることで、IA自身も選手たちと同様に成長してきた。開会式でのLiveは、ヴァーチャルアーティストが担う実行委員としての集大成であり、おおいに意義のある任務であった。

9月7日の閉会式前に開催される、スポンサー参加プログラム「Knowledge Fair」内では、目標であった世界大会が終わり様々な結果を経て成長した選手たちに、日本滞在の最後をエンターテインメントで楽しんでもらおうという主旨で、IAのライブ映像上映会が開催される。

この記事の画像一覧

関連タグ