小室哲哉手掛ける最後の映画音楽「SUNNY 強い気持ち・強い愛」オリジナルサントラ配信スタート

ニュース 公開日:2018/08/29 22
この記事を
クリップ

今年1月に引退を表明し、6月には全100曲(2形態)の作品集『TETSUYA KOMURO ARCHIVES』が話題となっている、小室哲哉が手掛けた「SUNNY 強い気持ち・強い愛」オリジナルサウンドトラックが発売&配信開始となった。

本作は2018年8月31日より全国ロードショーされる映画、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のオリジナルサウンドトラックとなっており、いよいよ公開まで残り2日となった本日、映画公開に先駆けてのリリースとなる。





映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は珠玉の90年代J-POPと超豪華キャスト陣の競演で贈る最強の“笑って泣ける青春音楽映画”となっており、「モテキ」をはじめ、多くの作品で俳優の新しい魅力を引き出すことに定評のある大根仁氏が監督・脚本を担当し、ヒットメーカー・川村元気氏が企画・プロデュースで参画。そして、音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当している。映画音楽となる劇伴25曲を完全オリジナルで制作し、音で映画の世界を彩っている。

SNS上では「90年代の歌たくさん流れるみたいだし、予告見ただけだけど超みたい」「高校ルーソ(ルーズソックス)だったからド世代だわ!)」と、公開済みの予告から映画に対する期待の声や、「8回泣いた」「今の若い子や青春を終えて日々を過ごしている大人に観て欲しい!」等、既に行われた試写会に参加した方の感想で溢れている。また、mu-moショップでは、CDと映画関連グッズ(「写ルンですSUNNYオリジナルカバー」)の限定セット販売も絶賛発売中となっている。

明後日公開となる「SUNNY 強い気持ち・強い愛」、絶対に見逃せない映画であることは間違いない。まずは予告動画からチェックして、是非劇場へ足を運んで欲しい。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ