DIR EN GREY、約3年9カ月ぶりのニューアルバム アートワーク解禁

ニュース 公開日:2018/08/23 8
この記事を
クリップ
}/

DIR EN GREYが9月26日にリリースするニューアルバム『The Insulated World』。このアルバムのアートワークが本日解禁された。

 “隔離された世界”を意味するタイトルが冠された本作は、2014年12月10日に発表されたアルバム『ARCHE』から約3年9ヵ月ぶりとなる通算10作目のオリジナルアルバム。先にリリース済みのシングル曲「詩踏み」と「人間を被る」に加え、新曲11曲を含む全13曲が収録される。




 今回公開されたのは完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤に使われる3種類のアートワーク。人の顔をモチーフにした、アーティスティックな世界観が展開されている。このジャケットから、きたるニューアルバムの内容を思い浮かべてほしい。

 なお、DIR EN GREYは本日8月23日と明日24日、東京国際フォーラム・ホールAにて全国ツアー「TOUR18 WEARING HUMAN SKIN」の東京公演(19時開演)を開催。この2公演が今年最後の東京公演となる。また今公演では、ニューアルバム『The Insulated World』のリード曲「Ranunculus」のミュージックビデオを初公開することもアナウンスされている。各日とも17時15分より当日券も販売予定なので、ぜひ足を運んでほしい。

 この東京公演のあとも、DIR EN GREYは9月15日まで福岡、大阪、新潟、名古屋にてツアーを展開。10月にはロシア、フィンランド、ポーランド、フランス、イギリス、ドイツと久しぶりにヨーロッパでもツアーを実施する。

 

この記事の画像一覧

関連タグ