津田寛治 念願の“チア☆ダン”出演も「ちょっと悔しかったです(笑)」

ニュース 公開日:2018/08/23 5
この記事を
クリップ

TBSで毎週金曜よる10時から放送中の金曜ドラマ「チア☆ダン」。8月31日(金)放送の第8話では、石井杏奈演じる桐生汐里にスポットが当たる。




汐里は東京から福井西高校にやってきた転校生で、「打倒 JETS!全米制覇!」とありえない夢を豪語する猪突猛進の性格だ。彼女が転校してきたのは両親の離婚が原因だが、今回、家族よりも仕事を優先してきて、離婚してからは連絡すらろくにしてこなかった汐里の父親が登場する。しかも、アメリカに転勤することになったから一緒に行ってアメリカでチアダンスをしないかと汐里に伝えるのだった・・・。

そんな汐里の父親・桐生光俊役を、数多くのドラマをはじめ北野武監督映画やインディーズ作品、そしてバラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」(CX)内のショートドラマと、主要キャラクターからバイプレーヤーまで幅広く活躍する津田寛治が演じる。津田は「チア☆ダン」の舞台である福井県出身であり、2016年から「福井市観光大使」、今年からは「ふくいブランド大使」も務めている。

津田は昨年3月に公開となった映画の時から地元・福井が舞台の物語なのになぜ出演しないのかと、周囲から聞かれていたという。だが、その時は先のスケジュールまで決まっていたこともあり出演は叶わなかった。しかし今回、ドラマからの再三のラブコールにより、念願だった出演が叶った。名バイプレーヤーとしての実力と大人の魅力で、この夏イチバンの青春ドラマに新たな空気を吹き込む、津田寛治と石井杏奈の親子役に注目だ。

<津田寛治 コメント>
福井商業は地元民からしたら凄く有名な高校で、女の子が可愛いという評判も(笑)。その福井商業高校の「JETS」がチアダンスの全米大会で、結成わずか3年で優勝したというセンセ―ショナルなニュースを今でも覚えています。昨年からドラマへの出演を熱烈にオファー頂きまして、こちらからも熱烈にラブコールを送っていたのですが、中々調整が上手くいかず・・・。ですが、やっと今回、タイミングが合い出演が叶って喜びました。ただ、頂いた役が、福井の人ではなく東京の人という設定で、「あー、俺のこの福井弁使えないのか!」と、思ってちょっと悔しかったです(笑)。汐里を演じる石井さんも本当に素晴らしい女優さんですね。話を聞いたら、彼女は幼い頃にダンスの大会でスカウトされたと言っていて、「センターでバリバリ踊っていたんだね」って聞いたら「いやいや私なんて端っこから2番目で踊っていたんですけど」って。端っこから2番目で踊っていてスカウトされるって、相当な逸材だなと思いました。ドラマの役柄同様、ダンスの世界でがんばっているというのがリンクして、本当の父親になった気分で、熱い思いで演じさせていただきました。福井を舞台にした『チア☆ダン』に出られたこともうれしいですし、石井さんと親子になれたこともよかったです!

<プロデューサー・韓 哲 コメント>
以前から津田寛治さんとはお仕事させていただきたかったのですが、福井出身であることを知り、ドラマのスタート前から熱烈にオファーさせていただきました。なかなかスケジュールの調整がつかず、8話でようやく実現したときは念願叶い飛び上がるほどうれしかったです。ただ、役が、このドラマ唯一の東京の人の役で、津田さんの福井弁をお聞かせできないのが残念でなりません。

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。