アイドルに恋した35歳オンナたちの幸せとは「婚外恋愛に似たもの」最終話

ニュース 公開日:2018/08/10 24
この記事を
クリップ
}/

dTVにて配信中の栗山千明主演ドラマ「婚外恋愛に似たもの」の最終話が8月10日(金)に配信される。栗山千明安達祐実らが演じるドルヲタ姿に、アイドルオタクから共感の嵐が巻き起こった本作。登場人物の悩みに共感する声も多く、何かに夢中になったことがある人はどこか共感できる内容となっている。




前回の第7話と最終回は、原作にないオリジナルストーリーをdTVで映像化。女性5人のその後や、スノーホワイツの活躍を描いている。第7話での、スノーホワイツ解散という内容に、栗山千明や5人のオタクはもちろん、現実のホワラー(スノーホワイツファンの略称)たちからも「スノホワ解散しないで!!!」と悲しみの声があがった。

そして、いよいよ最終回。

これまで、アイドルオタクという共通点により出会った容姿も生活ランクも全く異なる35歳の5人のオンナ達が、それぞれが抱える悩みに葛藤し、お互い助け合い前に進んできたが、スノーホワイツ解散という危機にどう立ち向かうのか。

また、dTVは、8月10日(金)より、第8話のスノーホワイツによるライブシーンの、未公開カットを使って再編集した劇中歌『La La La...』を、幻の第9話として、フルバージョンを公開。dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」のために、期間限定で結成されたスノーホワイツのライブシーンは、とても貴重な映像になりそうだ。

1/2ページ

この記事の画像一覧