「世界一受けたい授業」が迫力ライブに、芦田愛菜らが熱演

ニュース 公開日:2018/07/21 25
この記事を
クリップ
}/

日本テレビは、7月21日(土)より、全国5大アリーナで合計20万人を動員する超大型のアカデミック・ライブショー「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」を開催している。




「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」は、7月21日の横浜を皮切りに、大阪、名古屋、さいたま、福岡の5大都市で開催するアリーナショー。日本テレビが放送する番組「世界一受けたい授業」が、初めてテレビを飛び出して学べるライブショーとなる。アリーナ会場全体がタイムマシンとなり、芦田愛菜八嶋智人山崎樹範らメインキャストと観客が一体になって古代へタイムスリップする臨場感あふれるライブショーが展開される。白亜紀、ジュラ紀、三畳紀など、恐竜が生活していた時代にタイムスリップをすると、ティラノサウルスやトリケラトプスなどの実物大恐竜が歩き回り、会場内で大暴れ。時には観客に噛み付く迫力満点の体験が待っている。

横浜公演初日の初回公演を終えて、主演の芦田愛菜は「楽しかったです!素敵な機会をもらえて本当に感謝しています。みなさんだけでなく、最初は緊張もプレッシャーもありましたが、私自身も一緒に楽しみながら演技することができました。」と演技を振り返った。また、共演の八嶋智人山崎樹範も芦田の演技について絶賛の様子。八嶋は、芦田の演技について「昔親子役で共演したこともあるので愛菜ちゃんの演技力の高さは知っていた。今回の公演でも、本当に頼りにしています。」とコメント。山崎も、「初舞台が横浜アリーナというのはすごい」と14歳にして横浜アリーナで1万人を前に初舞台で堂々とした演技を披露した芦田さんに感心していた。

また、恐竜の迫力について芦田は、「ラプトル(肉食恐竜)の目が未だに怖いです。」と恐竜の迫力をアピール。山崎は、「何回も練習で見ているけど、未だに恐竜が怖いです!ひゃーって言っちゃいます。」と同意し、八嶋も「最新の学説のとおりのリアルな恐竜が出てくるのも見どころの一つ、大迫力です!」と、恐竜について学びながら楽しめるショーの魅力を語った。初舞台の感想について、「(映画やドラマとの違って)お客
さんのワクワクしている反応を生で見られるのが楽しかったです!」と1万人の観客の反応が楽しめたことに満足の様子だった。

また、全国のアリーナをまわる意気込みを聞かれ、八嶋、山崎は、「ぜひ、生で見る恐竜は、夏の思い出にぴったりなので、みんなで恐竜体験を楽しみましょう!」と全国のファンにメッセージを送り、芦田も「改めて(アリーナの)観客のみなさんと一緒に、私自身も楽しみながらショーをつくりあげたいです!」と意気込みを語った。。



この記事の画像一覧