阿部サダヲ&吉岡里帆「音量を上げろタコ!」あまりに強烈な場面写真解禁

ニュース 公開日:2018/07/19 24
この記事を
クリップ
}/

「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! 」(10/12公開、アスミック・エース配給・制作)のテンション上がること間違いなしの場面写真が一挙解禁された。

“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となった、シンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われる様をハイテンションに描く、ロック・コメディ。

今回解禁された場面写真は、サイドカー付きバイクに乗って逃亡するシンとふうか、シンのレコード会社の担当者・坂口(千葉雄大)がシンに胸ぐらを掴まれてガンを飛ばされ、目が点になるカットなどの計6点。そして、「見た目はパンチが効いている」と自身が語る麻生久美子のインパクト大な眼帯姿や、レッド・ツェッペリンの元マネージャー ピーター・グラントをイメージしたという田中哲司のハゲた強面社長姿など衝撃的な様子を初披露。




あまりに強烈、ぶっ飛びキャラクターたちが躍動する、テンション爆上げな場面写真がついにお披露目となった。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

この記事の画像一覧