宮藤官九郎演出「ロミオとジュリエット」意外キャストのビジュアル解禁

ニュース 公開日:2018/07/17 24
この記事を
クリップ

2018年11月に、東京・本多劇場より上演するM&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」のビジュアル写真、各公演日程が決定した。




W・シェイクスピア作「ロミオとジュリエット」、あまりにも有名なこの古典劇を、宮藤官九郎の演出で上演するこの企画。ロミオに三宅弘城という意表をつくキャスティングで、今まで誰も見たことのない、斬新で、しかし普遍的な喜悲劇を目指す。

主演の三宅弘城はじめ、ジュリエット役には若手の新進女優で、宮藤が監督を務めた「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」でヒロインを務め、本作が初舞台となる森川葵、マキューシオに宮藤作品の常連で、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」にも出演が決定している・勝地涼、ティボルトに大人計画の快優・皆川猿時が扮するのをはじめ、小柳友、阿部力今野浩喜、よーかいくん、篠原悠伸、安藤玉恵、池津祥子、大堀こういち、田口トモロヲと、一筋縄ではいかないユニークで多彩な面々が集結。

街を2分して争う2つの家にそれぞれ生を受け、許されぬ恋に身を焦がした末に悲劇的結末を迎える2人の恋愛劇を、個性的なキャストによって再構築し、まったく新しい、しかし普遍的な悲喜劇として再構築する試みに注目だ。

■公演日程
【東京公演】2018年11月20日(火)~12月16日(日) 本多劇場
主催・製作:株式会社M&Oplays
東京公演チケット発売日:9月8日(土)
【新潟公演】2018年12月19日(水) りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
【大阪公演】2018年12月22日(土)~24日(月・祝) サンケイホールブリーゼ
【愛知公演】2018年12月26日(水)、27日(木) 刈谷市総合文化センター 大ホール

撮影:三浦憲治