超大物VIPも登場、YOSHIKIプレミアムディナーショー 7公演が大盛況

ニュース 公開日:2018/07/17 25
この記事を
クリップ
}/

7月16日(月)、YOSHIKIプレミアムディナーショー「EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 6DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL」が、全7回に渡って行われた公演最終日を迎えた。

今年で5年目となった本公演は、例年通りチケット抽選受付と同時に申し込みが殺到し、一般先行抽選時にはなんと100倍を超えるほどの人気で全10公演が即座に完売。『過去最多公演数にして、過去最高の競争率』と、国内外からの注目度も高かった。4公演のディナーショーと、3公演のブレックファストショーをあわせた、4日間全7公演が行われた。

XJAPANの名曲「THE LAST SONG」から始まったショーでは、天皇陛下御即位10年奉祝曲「Anniversary」、2012年、2013年ゴールデングローブ賞テーマ曲「Golden Globe Theme」や、盟友HIDEとTAIJI、亡き父に捧げると披露された「Without You」、また、現在日本列島に旋風を巻き起こしている「紅」や、「ART OF LIFE」など、YOSHIKIが手掛けた数々の名曲たちを披露。ストリングスと、この日の為に海外から招いたゲストボーカリストのケイティ・フィッツジェラルドとアシュリー・ナイトがステージに花を添え、また途中にはYOSHIKIのサプライズドラム演奏という驚きの仕掛けもあるなど、計15曲が演奏された。





また、今年はディナーショー開催5年目のスペシャルな企画として、牧阿佐美バレヱ団とのコラボパフォーマンスが実現。「SWAN LAKE」と「FOREVER LOVE」のピアノ演奏と共にバレエダンサーたちが魅せる優雅なステージは、会場中を魅了した。最後は、美しいミラーボールの光の中、「ENDLESS RAIN」の大合唱でショーは幕を閉じた。

来場客を出迎えるロビーには、ドラムセットとクリスタルピアノが会場の豪華さに花を添え、またYOSHIKIの2つの巨大パネルはフォトスポットとして大賑わい。いくつものシャンデリアが光り輝く豪華絢爛な会場は、一歩足を踏み入れるとディナーショーならではの特別な空気感。

毎年、YOSHIKI本人が監修する食事にも、今年はより一層こだわりが詰め込まれており、ランチを含めた全10公演すべて、イメージカラーやコンセプトの異なるフルコースが用意された。同系色でまとめられ、赤、青、オレンジ、ピンクなど毎公演変わる美しいテーブルセッティングや、“y”の文字が施されたピアノモチーフのオリジナルケーキは、まさに“インスタ映え”も間違いない見栄え。

また、13日に発表記者会見が行われたばかりの、YOSHIKIプロデュースワインの最新作も食事にあわせて振舞われ、さらにこの新作ワインは来場客のみの特権である手土産として、スウィンググラスセットと共にオリジナルのトートバッグに入れて用意された。また、毎年ファンの間で大きな話題となる、ディナーショーの記念グッズは、早々に売り切れ商品が続出し、急遽17日より再販が決定するほどの大反響。グッズを購入するためだけに会場を訪れたファンも多く、グッズ売り場には長蛇の列が続いていた。

来場ゲストにはワールドワイドな著名なVIPも多く、FCバルセロナ所属のジェラール・ピケ選手や、元MLBバリー・ボンズ選手をはじめ、楽天・三木谷会長、宝塚・星組トップスターの紅ゆずるさん や、人気漫画「神の雫」の原作者である亜樹直の樹林伸さんと樹林ゆう子さん、ハローキティデザイナーの山口裕子さん、また米・英の元駐在大使などの文化人ゲストなど、その他にも、多くのVIPが訪れ、世界を股に掛け活躍するYOSHIKIならではの、スケールの大きなVIPの面々が集った。また、来場客に関しては、日本のみならず、アメリカ、中国、香港、デンマーク、インドネシアなど
、世界各国から来場し、会場は大きな賑わいを見せた。

そして、恒例のチャリティーオークションでは、実際にテレビ出演時やMV撮影時に着用した衣装や、貴重な私物が出品され、なんと最終日には過去最高落札額の400万円が飛び出し、会場からは大きなどよめきが起こる場面も。オークション落札合計額は、7公演全25アイテムでなんと総額4,776
万円にのぼった。14日に来場したジェラール・ピケ選手からは飛び入りでサインボール出品の豪華サプライズもあるなど、大きな盛り上がりを見せた。

これまでのYOSHIKIのディナーショーでの、チャリティーオークションの落札金額は、総額148,220,000円にのぼる。これらはYOSHIKIが運営する、米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、毎年全額寄付されている。またその他にも、先日「2018年サンリオキャラクター大賞」で、初のTOP3入賞を果たしたyoshikittyの登場や、艶やかなYOSHIKIMONOの新作ファッションショーなど、約3時間に渡り行われたショーは、見事にYOSHIKIだからこそできる“唯一無二”の空間を作り上げていた。そしてブレックファストショーも、ディナーショーに負けず劣らず、リクエストコーナーを行うなど充実した内容であった。

7公演を終えたYOSHIKIは、「自分はなんて幸せなんだろうと思います。みんなのこういう顔を見る事ができて明日からまた頑張ろうと思う。」と感想を語り、感極まり涙する場面も。「みんなにこうやって支えてもらっている以上、僕も少しでもみんなの力になれるよう心の支えになれる曲をつくるから。」と、ファンに向けてステージに立てる事の喜びと感謝を口にした。

『EVENING WITH YOSHIKI 2018』 は、8/31、9/1にも3公演が開催されるが、すでにチケットは完売している。

この記事の画像一覧

関連タグ