関ジャニ∞「ジャニ勉」渋谷すばる最後の出演回が歴代ベスト視聴率を記録

ニュース 公開日:2018/07/05 47
この記事を
クリップ

7/4(水)深夜に放送されたカンテレのローカル番組「関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~」の平均視聴率が5.6%を記録した。




この数字は2007年5月の番組開始以来(放送枠が30分だった時代も含め)歴代ベスト3の高視聴率となり、放送枠が1時間に拡大された2011年4月以降では、歴代ベスト1の視聴率となった。(関西地区における数字・ビデオリサーチ調べ)

占拠率は23.6%、毎分最高視聴率は「関ジャニ∞のジャニ勉」の11年間の歴史を振り返るVTRを見ている関ジャニ∞の場面に6.9%(24時40分)を獲得した。


関ジャニ∞のジャニ勉」は2007年5月にスタートし、カンテレで毎週水曜深夜に放送。関ジャニ∞のメンバー(横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義)が隔週で地元・大阪に帰ってきて、カンテレ本社で収録している冠番組。関ジャニ∞にとって最長となる放送開始から丸11年を迎えた長寿番組。2018年7月現在で、カンテレを含む全国18局で放送中。

7/4(水)OAは関ジャニ∞渋谷すばるが、関ジャニ∞メンバーとして最後の出演回で、“関ジャニ∞7人でのジャニ勉”の集大成。「関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~」と題したスペシャルバージョン。

関ジャニ∞の歴史とジャニ勉11年の歴史を重ね合わせながら総ざらいし、番組内で次々と生まれた名物キャラクターや名シーンを生み出していった関ジャニ∞の成長の軌跡を、VTRとジャニ勉特製の年表で振り返る内容。

VTRはジャニ勉のスタッフが、これまで放送した11年分の合計557回のOAを改めて全部確認し、選りすぐりの名場面を集めてまとめ上げたもの。関ジャニ∞がVTRを見ながら当時の思い出や今だから話せる裏話を語り合っていた。

番組の最後には、渋谷すばるからのメッセージや、卒業セレモニーの様子もお届けしていた。

(C)カンテレ