「北海道」と命名されて150年、松本潤主演で記念ドラマ制作

ニュース 公開日:2018/06/29 61
この記事を
クリップ

北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」の制作開始が発表され、松本潤と深田恭子が出演することがわかった。2019年春、NHK総合テレビ/BS4Kで放送予定。

明治2(1869)年に「北海道」と命名されてから150年。かつては蝦夷地と呼ぱれていた北の大地を「北海道」と命名したのが松浦武四郎。武四郎は三重県松阪市の出身で、生涯6回にわたり蝦夷地を探査した。蝦夷地の山や川や一万に近い膨犬なアイヌ語の地名を記した初めての詳細な地図を刊行し、明治維新に際しては、新政府による北海道ヘの11国86郡の設定にも閧わった。この区分けは現在北海道の行政区画のもとになっている。そレてアイヌの人々の暮らしや文化を紹介するために多くの記録を残した。まさに松浦武四郎なくして今の北海道は生まれなかったと言える。

この知られざる巨人を演じるのが、松本潤。幕末から明治初期にかけて諸国を歩き200以上の書物を著した探検家にして地理字者、ルポライターなど大きな業績を残した松浦武四郎を演じる。

そして、アイヌの女性・リセ役に深田恭子。熊に襲われた武四郎を兄が助けたことから、武四郎と何日か過ごし、武四郎の人柄に魅せられていくという役どころだ。




脚本は大石静。大河ドラマ「功名が辻」、連続子レピ小説「ふたりっ子」、ドラマ10「セカンドバージン」など代表作は多数。今回、オリジナル作品として執筆している。

<松本潤 コメント>
150年という節目のタイミングで、このような意義のある作品に参加させて頂ける事を光栄に思います。この作品を通して、アイヌの人々の文化、北海道の歴史を視聴者の皆様に感じて頂けたら嬉しいです。僕にとって、とても大きな挑戦になると思います。大石静さんの力強い脚本を表現できるよう、しっかり準備をし、心をこめて松浦武四郎さんを演じたいと思います。

この記事の画像一覧 (全 2件)