スーパーGT:道上龍が国内復帰。Modulo Drago CORSEとしてNSX GT3でGT300参戦

ニュース 公開日:2018/01/17 45
この記事を
クリップ

道上龍が代表を務める有限会社ドラゴは1月12日、『Modulo Drago CORSE(モデューロ・ドラゴ・コルセ)』として2018年のスーパーGT300クラスに参戦すると発表。ドライバーとして道上龍が国内レース復帰を果たす。





道上が立ち上げたDRAGO CORSEは2014年から全日本スーパーフォーミュラ選手権へ参戦を開始。翌年には童夢に代わるホンダNSXコンセプト-GT使用チームとしてスーパーGT500クラスへも参戦を開始した。

しかし、チームは2016年限りで活動を終了。道上自身は2017年、WTCC世界ツーリングカー選手権へドライバーとして参戦するなど、戦いの場を海外に移していた。

そんなDRAGO CORSEがホンダNSX GT3でのGT300クラス参戦を表明。1年ぶりに国内レース復帰を果たすことになった。マシン名は『Modulo NSX GT3(仮称)』でゼッケンは34。道上はチーム代表兼ドライバーとして戦うという。

チームメイトには、鈴鹿レーシングスクール(SRS)出身で、2017年はホンダ育成ドライバーとして全日本F3選手権に参戦した大津弘樹が起用されている。

加えて、モデューロ・ドラゴ・コルセは、スーパーGTだけでなく、2018年8月に開幕する『第45回サマーエンデュランス鈴鹿10時間耐久レース』への参戦も視野に入れているとのこと。こちらの続報も楽しみにしたいところだ。


AUTOSPORTweb

関連タグ