スーパーGT:CarGuy RacingのホンダNSX GT3が富士でシェイクダウン

ニュース 公開日:2018/01/21 50
この記事を
クリップ

1月21日、富士スピードウェイのスポーツ走行枠を使って、2018年のスーパーGT300クラスに参戦を表明したCarGuy RacingのホンダNSX GT3がシェイクダウンされた。

CarGuy Racingは、“自動車冒険隊”としてさまざまなスーパーカーを楽しむ究極のエンターテインメント集団として誕生。2015年からランボルギーニ・スーパートロフェオに参戦を開始し、16年にはスーパー耐久にも参戦。17年にはスポット参戦したブランパンGTシリーズ・アジアで、ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝のコンビで日本チーム初となる優勝を飾っている。





そんなCarGuy Racingは、2017年に向けて注目の車種となるホンダNSX GT3を投入してのスーパーGT300クラス参戦を発表した。ドライバーは横溝とチーム代表を務める木村武史、サードドライバーとして17年にスーパートロフェオで速さをみせたマレーシア人ドライバーのアフィーク・ヤジッド、そして監督としてコッツォリーノという充実の体制を組んでいる。

2018年に向け注目を集めるCarGuy Racingだが、イタリアのJASモータースポーツから富士スピードウェイそばに設けられたガレージに19日にマシンが到着。21日にシェイクダウンを行った。なお、今回導入されたシャシーナンバー010は、ホンダNSX GT3としての世界でのカスタマー向けマシン1号機だという。

8時50分からスタートしたスポーツ走行枠を使って走り出したNSX GT3は、ヨコハマタイヤを装着し、まずは木村がドライブ。アウトラップからピットインして各部をチェックしたあとは、いきなり連続走行を開始。走行2本目では横溝が乗り込み、こちらも連続走行。“買ってすぐに速い”GT3カーらしいところをみせた。

当初予定していた走行3本目は、直前の走行でクラッシュがあったため中止に。とはいえまずは無事にシェイクダウンが行われ、日本でのカスタマーサポートを行う無限のスタッフも「2日前に着いたばかりだったので、ホッとしました」と安心した様子だった。

走行後、ドライブしたふたりに話を聞くと、「乗りやすいです! すごくマイルドで、ドライバーフレンドリーなクルマだと思います」と“日本最速のジェントルマンドライバー”を目指す木村は笑顔で語った。

また、横溝も「スポーツ走行枠で台数も多かったので、タイムは望めませんでしたが、トラブルなく終えられて良かったです。僕はGT3はほとんどのメーカーのクルマをドライブしてきましたが、NSXはクセがなく、非常に素直で乗りやすいクルマです」とポジティブな印象を受けた様子だ。

気になるカラーリングは、「まだ決めていませんが、黒ベースか白ベース、黒、白、赤かな……と木村。今後開幕に向けて、同じくNSX GT3を使用するModulo Drago CORSEとともに、注目度の高い一台になっていきそうだ。


Ryuji Hirano / AUTOSPORTweb

関連タグ

関連記事

Md y237h2wsn5q7jwqqksm
脇阪寿一、“世代交代”意識を強く持ち挑んだLGDA夏祭り2018にかける想い
ニュース 10
Md fga8sab6dxr5vmpxuxl
「ヤバいしか言えない!」LGDA夏祭り2018での同乗体験に子どもたち大興奮
ニュース 9
Md p0a59036d9srjvniihr
脇阪寿一は今なぜ、スーパーフォーミュラなのか
ニュース 46
Md gjhbm0wsxw2bwvs1j2w
バトン「今からスーパーGTのシーズンが楽しみ!」テストにも手ごたえ
ニュース 44
Md daww3rxmmvj01muxhz7
バトンは山本尚貴とのコンビでチーム国光から参戦「チャンピオン候補」と佐伯GTリーダーも太鼓判
ニュース 48
Md qllqxxmw7sg4m1eh3zn
スーパーGT:道上龍が国内復帰。Modulo Drago CORSEとしてNSX GT3でGT300参戦
ニュース 45
Md hd0yuxj7dhbs3a996up
4台のレクサスLC500が富士スピードウェイでテスト開始も、降雪に見舞われる
ニュース 47
Md v0ron6fgrvne9q3jzu8
出そろった2018年GT500ラインアップ、体制充実で戦力差はさらに拮抗か
ニュース 49