「父親になっても、F1王者の相棒でも、地に足つけて」2018年に挑む山本尚貴に聞く

ニュース 公開日:2018/03/01 49
この記事を
クリップ


──まずは赤ちゃん誕生おめでとうございます。ブログを拝見しましたが、まさかの双子とは。
山本尚貴(以下NY):そっちの話題から来ますか(笑)。ありがとうございます! 最初、妻の妊娠が分かったときは(お腹のなかに)ひとりしか確認できなかったのですが、数ヶ月経って双子だと分かって。でも、無事に生まれるかどうかというリスクや、妻への負担も考えて、まわりの方に公表はしていなかったんです。でも無事に生まれて良かったですし、妻も無事で本当に何よりでした。

──双子の女の子なんですか?
NY:そうなんです。

──聞くところによれば、赤ちゃんが生まれたのは2月のスーパーGTセパンテストの直前だったとか。
NY:はい。生まれたのが走行2日前だったんです。本来は日本からマレーシアへ向かう移動日だったのですが、朝のフライトを深夜便に変更させていただいて、一日ずっと手続きをしたり面倒をみたりと、付き添うことができました。

──ホンダの佐伯昌浩GTプロジェクトリーダーからも付き添うように言われたそうですね。
NY:そうなんです。相談をさせてもらったら「こういう機会は滅多にないし、そばにいられるならいてあげなさい」と言われました。本当にありがたかったですし、出産で自分が何かをできたわけではないですけど、こうして立ち会えたことでいろいろな思い、感情の芽生えを肌で感じることができました。それからセパンに飛び立ちましたが、こういう機会を作っていただいたので、仕事に集中して、より頑張ることができました。

──ではレースの話になりますが、2017年シーズンを振り返ってみていかがですか?
NY:うまくいったこともありましたし、結果に結びつけられないこともあったシーズンだったと思います。ポテンシャルとしてはもう少し成績が望めた部分もありましたが、それが結果にならなかったのはその時の実力だったのかな、と真摯に受け止めています。

──そして迎える2018年ですが、チームメイトがジェンソン・バトン選手であることを聞かされたのはいつ頃ですか?
NY:聞かされたのは秋くらいですね。その頃から打診がありました。ただ正式に聞いたのは、年末のセパンテストの前です。

──F1ワールドチャンピオンをチームメイトに迎えます。決定したときの率直な感想は。
NY:バトン選手と組める、ワールドチャンピオンと組めるということでの『やった!』という喜びよりも先に、(17年までコンビを組んでいた)伊沢拓也選手と離れなければならないという感情の方が先に出たのは、正直なところですね。伊沢選手とのコンビを解消しなければバトン選手とは組めませんが、本来伊沢選手とふたりでちゃんと結果を出していればこういう話にもなりませんでしたし、残念な気持ちがありました。ふたりでちゃんと勝ち星を積み重ねられなかった。ただ、こうしてバトン選手と組むことになったので、今度はバトン選手のいい部分、組むことによるメリットを見出さなければいけない。ちょっと時間はかかりましたが、切り替えていけたと思います。

──ホンダとして、ジェンソン・バトンのチームメイトにはやはりホンダのエースを……という部分もあったのではないかと個人的に推察していたのですが。
NY:それはホンダさん、バトン選手のリクエストもあったかもしれませんが、僕だけがホンダのエースとして自覚をもってやっているわけではないと思っています。誰しもが組めるチャンスはあったと思うんです。総合的に見てドライビングスタイルや、性格などを考えていただいて、『山本と組むのがベストじゃないか』と判断してもらったんだと思っています。

■良い意味で覆されたバトンのイメージ
──そんなバトン選手と初めて会ったのはいつですか?
NY:2017年の鈴鹿1000kmのときですね。ホンダのドライバーはそこでみんな挨拶をしたんです。その前のテストのときにはなかなか挨拶するタイミングが合わなくて。こうしてコンビを組むことが決まってからは、12月のセパンテストが初めてですね。

──実際に会話をするようになってからの印象はいかがですか?
NY:良い意味でイメージを裏切られましたね。F1のワールドチャンピオンというと、それなりのプライドや敷居の高さみたいな印象を誰しもが持っていると思いますが、実際に会ってみるとすごくフランクですし、そういうイメージを良い意味で覆してくれたと思います。それは驚きでした。彼がF1の世界で長い間乗ることができたのは、バトン選手のパーソナリティもあったのかな、と思います。

──ふたりのドライビングスタイルは似ていますか?
NY:まだテストの回数も少ないですし、お互いにクルマとデータを共有して、理解し合っているかというと、まだしきれていないと思います。クルマもまだ開発途中なので走るたびにセットアップや状態が変わっていきますから。でも、クルマに対して”感じていること”は同じだと思います。しかし、”好み”という部分に関して言うと、ちょっと違うと思いますね。そこが合えばよりスムーズだとは思いますが、人間は好みも感性も違いますので。ただ。それをちゃんと理解してクルマを作り、予選、決勝を戦うことを頭においておけば、そこまで問題はないと思います。それがふたりで組むスーパーGTですしね。

──今年は父親になり、チームメイトもF1ワールドチャンピオンになりました。そういう意味では山本尚貴選手にとって、2018年はとても重要な年になると思いますが、抱負を教えてください。
NY:たしかに、今年はこれ以上ないくらい注目を浴びると思いますし、プロのレーシングドライバーとしても、父親としても結果を残さなければならない年なのは違いないと思います。でも、『だから今年頑張ろう』とか、そういう気持ちはあまりもっていません。当然、家族が増えて頑張らなければならないという思いはありますが、今までも頑張っていなかったわけではないですから。子どもができたことで”頑張り続けるモチベーション”はできましたが、こういう恵まれた環境にいることができているので、また頑張ろうと高くモチベーションを保てる。そういう環境を活かせるように、自分がベストを尽くすことに力を注ぎたいですね。

──山本選手らしい気持ちのもち方ですね。
NY:(笑)。子どもができたから頑張る……のでは『今まで何してたの』となりますからね。今までより気持ちを入れなければいけない部分も少しはありますが、それをやってしまうとやはり自分を見失ってしまう。地に足をつけて、恵まれた環境をしっかりと活かせることができるよう、ちゃんと視野を広くもって進んでいきたいと思っています。

2/3ページ

関連タグ

関連記事