スーパーGT:今年のプリウスGTは光る!? 新カラーリングにひと工夫

ニュース 公開日:2018/03/12 43
この記事を
クリップ

3月8~9日の2日間、スーパーGTのメーカーテストが鈴鹿サーキットで行われたが、このテストに参加した31号車TOYOTA PRIUS apr GTは、2018年のカラーリングをまとって登場した。実はこのカラー、ちょっとした秘密があるのだとか。





今季は嵯峨宏紀のパートナーとして、二度のGT500チャンピオンである平手晃平が加入し、チャンピオンを目指し激戦のGT300クラスに参戦するTOYOTA PRIUS apr GT。鈴鹿でのメーカーテストには、2018年仕様のカラーリングをまとって参加し、平手も「回生やABSに慣れない部分もありましたが、すごく面白い」とプリウスGTの初ドライブを果たした。

そんなTOYOTA PRIUS apr GTだが、2017年とカラーリングのイメージはそれほど大きくは変わっていない。aprの金曽裕人監督によれば、トヨタとも協議のうえ「変えない」ということになったのだそうだが、「やはり何か変えたい」とパッと見では分からない工夫が入れられたのだ。

ピットで「ぜひフラッシュを焚いて写真を撮ってみてください」と言われ写真を撮ると、なんとレッドとブラックのラインに、電子回路のイメージが浮かび上がった。光で模様が浮かび上がるというわけだ。プリウスGTといえばハイブリッドシステムを搭載しており、この模様はピッタリだ。

コースサイドで暗いなかフラッシュを焚くのはなかなか難しいが、もし近くでTOYOTA PRIUS apr GTを撮影できる機会があればぜひお試しあれ。

Ryuji Hirano / AUTOSPORTweb

関連タグ