バンドウ加入の織戸学エグゼクティブアドバイザー、その狙いと初仕事の効果

ニュース 公開日:2018/03/27 46
この記事を
クリップ

3月19日、スーパーGT GT500クラスに参戦するLEXUS TEAM WedsSport BANDOHは、2017年までGT300クラスに参戦していた織戸学がチームのエグゼクティブアドバイザーに就任すると発表した。24~25日の2日間、富士スピードウェイで行われたスーパーGT公式テストは、織戸エグゼクティブアドバイザーの初仕事となったが、どんな役割を担っているのだろうか。織戸、そして坂東正敬監督兼チーム代表に聞いた。





■マサ監督からの電話

ウェッズスポーツ、ヨコハマ、そしてカーナンバー19のロゴをつけた、テッドマンのウェアを身にまとった織戸学は、予想していたがやはりなんの違和感もない。古巣であるLEXUS TEAM WedsSport BANDOHのエグゼクティブアドバイザーに就任し、3月24~25日の富士公式テストで、何度も「楽しい」という言葉を口にした。

2017年までGT300クラスで戦っていた織戸は、もともとレーシングドライバーを志すにあたって、マサ監督の父であり、現GTA代表の坂東正明代表率いる坂東商会に社員として入った。マサ監督とはその頃からの付き合いであり、2009年にはともにGT300のチャンピオンも獲得。しばしば酒席もともにし、エピソードは数知れない仲だ。

そんな織戸は、今オフにシートを失った後、坂東正敬監督──この文中ではあえて『マサ監督』と表記させてもらおう──に「ドライバーとして参戦しないかもしれない」と電話をかけたという。その連絡を受けた後、しばらくしてマサ監督は折り返し織戸に電話をかける。エグゼクティブアドバイザーという仕事をやってほしいと。

「最終的に乗れないという連絡が来たのは2月に入ってからかな。ただ、毎年JLOCは公式テストが近くならないとシートが決まらないから、いつもの流れだと思っていた。『無かったら無かったで仕方ない』と思っていたくらい」と織戸は当時を振り返ってくれた。

「マサに連絡をしたら、しばらくして向こうから連絡が来た。正直、嬉しかったよね。たぶんマサの環境、そして僕がドライバーとして活動を止めたタイミングが、良い意味でうまく合致したんだと思う。2007年にGT500のシートがなくなった時も良いタイミングで、マサがチームをやることになったときに声をかけてもらって、(レクサス)IS350をやることになったから」

1/3ページ