HYDE 12年ぶりのソロシングル緊急発売決定

ニュース 公開日:2018/06/06 55
この記事を
クリップ

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)、VAMPS(ヴァンプス)ヴォーカリストのHYDEが、2006年にリリースしたシングル『SEASON’S CALL』以来12年ぶり8枚目となるソロシングルを6月20日(水)にデジタル先行配信、そして翌週6月27日(水)にシングルCDを緊急発売することが発表された。




表題曲のタイトルは『WHO’S GONNA SAVE US』、直訳は「誰が僕たちを救ってくれるんだ」。メッセージとしては人が困難や苦しみに直面し、まわりが手を差し伸べてくれないような現状は自分で打破していくしかないという思いを乗せた楽曲になっている。カップリングには、2003年HYDEソロとしてリリースした2枚目のオリジナルアルバム『666』に収録された『MIDNIGHT CELEBRATION』のリアレンジ・バージョンを『MIDNIGHT CELEBRATION II』として今回収録。以前からHYDE自身が『MIDNIGHT CELEBRATION』をリアレンジしたいという強い気持ちがあり、今回のソロ活動再始動をきっかけに再レコーディングを行い、『MIDNIGHT CELEBRATION II』として生まれ変わった。

今回のシングル緊急発売の発表と同時に『WHO’S GONNA SAVE US』のMUSIC VIDEOも解禁された。SNSで溢れかえっている社会の中で、HYDEが今回のMVに関して軸にしたことは「興味を持ち続けて見てもらえる」映像を作りあげること。最初から最後までじっと見続けられるストーリー作り。最後に分かる大どんでん返し。鬼才スタンリー・キューブリックの名作「シャイニング」をオマージュし、未来の日本で追い込まれるHYDEHYDEを追いかける殺人鬼を登場させ、人の心の中に宿るジキルとハイドの2面性を演出した作品に仕上がっている。

HYDEは、このシングルリリース直後から、既に発表済みのHYDE LIVE 2018を6月29日(金)ZEPP TOKYOを皮切りにスタートさせる。8月1日(水)ZEPP OSAKA BAYSIDE公演まで走り続けた直後の8月5日(日)にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018、さらに8月25日(土)には”音楽と髭達2018-ONE STORY-“への出演も決定。12年ぶりのソロ活動を本格化させるHYDEからの次のニュースを心待ちにしよう。

この記事の画像一覧 (全 2件)