長瀬智也・岡田准一に続け、演技派ジャニーズの卵 阿部顕嵐に注目

ニュース 公開日:2018/06/04 60
この記事を
クリップ

6月15日(金)に公開される映画「空飛ぶタイヤ」。累計180万部を突破した池井戸潤の同名小説の映画化であり、主演に長瀬智也を迎え、共演にディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史らオールスターキャストが集結。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会現象を巻き起こしてきた池井戸作品が、満を持しての初の映画化。今年最も期待されている日本映画の1本である。

そうそうたる俳優陣が揃ったなかで、映画初出演ながらにして圧巻の演技をみせたのは、期待の若手ジャニーズJr.阿部顕嵐(あべあらん)!この度、事務所の先輩である長瀬智也との共演シーンの新たな場面写真が到着した!





本作は、トレーラーの脱輪事故をきっかけに整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、大手自動車会社・ホープ自動車の不正気づき、社員や家族を守るため、真実を明らかにするために闘う姿を描いている。

本作で映画デビューを飾ったのが、今ジャニーズ界で熱い注目を集める阿部顕嵐だ。阿部は、ジャニーズJr.内のグループ「Love-tune」のメンバーとして活躍する一方、2014年に放送したSexy Zone佐藤勝利主演ドラマ「49」で俳優デビューを果たし、翌年にはドラマ初主演となる「近キョリ恋愛〜Season Zero〜」にて、映画『近キョリ恋愛』に登場する櫻井ハルカ(山下智久)の高校生時代を演じ、恋と友情に悩むリアルな高校生の姿が若者を中心に人気となった。その後、舞台「何者」でも主演を務めるなど、俳優界でも目を引く存在となっている。

そんな華々しい俳優へのスタートダッシュをきった阿部が本作で演じるのは、赤松徳郎(長瀬智也)の下で働く、若手整備士・門田駿一。少々態度の尖った、目つきの鋭い金髪の青年という、阿部にとって初めてのキャラクターの挑戦となる。

映画出演発表の際には、「事務所に入った時から10代の内に絶対映画に出演したいと言い続けていたのですが、ついにひとつの夢が叶いました。映画出演を初めて聞いたときは、まるで空を飛んでいる気持ちになったのを今でも鮮明に覚えています」と喜び溢れるコメントを寄せた。

大先輩の長瀬智也と初共演ともなった本作だが、「長瀬くんをはじめとした大勢の憧れのキャストの方々とご一緒できて 、また同じ空気を吸いながらお芝居ができて学ぶことが多く、とても刺激を受けました。本木監督やスタッフさんからも色々なアドバイスを頂きながら、自由にのびのびと素敵な環境でお仕事ができました」といい、長瀬に引けをとらない堂々とした演技で、反発心がありながらも熱く実直な青年を熱演している。4月に行われた完成披露試写会の舞台挨拶では、「外見は金髪で、だけど点検は人一倍やっているというできる男なんですけど、若さとか関係なく、何かに立ち向かって戦っている姿を、共感していただけると僕は嬉しいですね」と緊張気味に役柄について語っていた。

短期間で俳優として精力的に活動する阿部顕嵐。長瀬智也、岡田准一らに続く、演技派ジャニーズの卵に注目していただきたい。

(c)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会