土屋太鳳主演「チア☆ダン」個性派揃いの大人キャスト陣発表

ニュース 公開日:2018/05/31 55
この記事を
クリップ
}/

TBSでは、7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で土屋太鳳主演の「チア☆ダン」を放送する。

土屋の他にも、冴えないダメ中年教師・漆戸太郎役をオダギリジョー、東京から来た強引美少女・桐生汐里を石井杏奈が演じるなど、話題の俳優が続々と決定しているが、この度大人陣のキャストが解禁された。

まず、土屋演じる藤谷わかばが通う福井西高等学校の校長である蒲生駒子を阿川佐和子が演じる。エッセイスト、小説家、タレントとして活躍している阿川。文筆業や、司会のみならず、インタビュアーとしても活躍している多才な阿川だが、昨年10月期の日曜劇場「陸王」で初めて女優として連続ドラマデビューを果たし、感情表現豊かで元気な縫製課のリーダーを好演した。

今作で阿川が演じるのは、かつては競泳オリンピック選手を育て上げた程の鬼教師だったが、時代の変化と教育の方針で、いまは「ホトケの駒ちゃん」と呼ばれている校長先生。小柄で短い髪とピンと伸びた背筋に熱血鬼教師の面影を見ることができ、わかば達の情熱につき動かされ、チアダンス部を応援する。そして、挫折し自信を失い、無気力教師となって戻ってきたかつての教え子である漆戸太郎(オダギリジョー)の心にまだ「情熱の炎」がくすぶっていることを見抜き、チアダンス部の顧問を任せるなど、物語の重要なキーパーソンだ。

阿川と初共演となる土屋は「阿川さんと雑誌やテレビでご一緒させて頂いたことがあるのですが、本当に素敵な方でまた是非お会いしたい!とずっと思っていたので、今回お芝居で共演させて頂けると聞いて本当にうれしいです!阿川さんが『陸王』にご出演されていた時に私も拝見させて頂いていて、あれ?阿川さん女優さんでしたっけ?と思うほどあまりにも素敵なお芝居をされていたので、とても驚いた記憶があります。今回、阿川さんが学校のカラーとなる校長先生を演じて下さるので、とても安心感がありますし、阿川さんと心を繋げることを大事に日々過ごしていきたいと思っています」とコメントしている。

さらに、予算をいかに効率よく削減するかに情熱をかける通称「福井西の勘定方」、福井西高等学校の教頭・桜沢伸介を木下ほうかが演じる。TBSでは2016年放送「せいせいするほど、愛してる」以来2年ぶりの出演となる。木下演じる桜沢教頭は1日でも早く校長の座に就きたいという本音があるが、その一方で先生たちの多忙化防止に苦慮している。先生たちの負担を減らすことにひとり向き合っており、自ら嫌われ役を引き受けている状況に辛さも感じている。そんな中でのチアダンス部設立の動きに「新しい部を作るなどあり得ない!」と猛反対する。また、佐久間由衣演じる桜沢麻子の父親でもあり、妻に出て行かれ、麻子を男手一つで育ててきた。嫌味でありながら人間味ある苦労人でもある教頭を木下がどう演じていくのか注目だ。




ほかにも、わかばの父親役に高橋和也、母親役には紺野まひる、オダギリジョー扮する太郎の妻役には松本若菜。また、福井西高等学校の英語教師役に本多力、生物教師役は森矢カンナ、体育教師役には木原勝利も決定した。

すでに発表しているチアダンス部メンバーに、今回発表した実力派と個性派の双方が揃った大人キャストも加わり、世代を問わず楽しめる見どころが増えることでさらに期待が加速する「チア☆ダン」に期待がふくらむ。

1/2ページ

この記事の画像一覧