「元々は歌手志望だった」小島瑠璃子が音楽番組初MC

ニュース 公開日:2018/05/30 48
この記事を
クリップ
}/

「元々は歌手志望だったので、音楽番組のMCを務めることができるのは本当に光栄です」と語る小島瑠璃子が初MCに挑んだのはテレビ東京で6月4日(月)、11日(月)深夜0:17(予定)に放送される特別番組「ハツダシ!」。

番組では、普通の音楽番組では歌えない“アーティストが本気で届けたい曲”をテレビ初披露。今だから話せるヒット曲の裏話や、アーティストの知られざる素顔も初公開する。まさに「ハツダシ」だらけの、新機軸ミュージックプログラムだ。

まずは、日本人初の東京ドーム単独ライブを行ったHOUND DOG。その大ヒット曲『ff(フォルティシモ)』には、世に出ていない幻のバージョンが存在した。それは原点ともいえる大友康平自身の作詞・・・・MC小島瑠璃子が「ピュアで照れ屋だけどまっすぐな男の歌詞」と称した曲を、現在62歳の大友が今、その封印を解いてステージで熱唱する。




また、ダイアモンド✡ユカイは、日本を代表する音楽プロデューサー織田哲郎との因縁の曲があったという。実はダイアモンド✡ユカイのソロのシングル曲『ダーティヒーロー』は織田哲郎の作曲。・・・が、その後、ボツにした曲がある!?「当時、感じ悪かったよね」と、織田が本人を前に言うくらい、今は笑い合えるこの二人がバンドを結成。30年の時を経て蘇る、その曲とは・・・“天国からのメッセージ”を綴ったダイアモンド✡ユカイの歌詞によって完成したのは収録前夜という出来立ての曲は「結果的に今の時代にマッチしたかっこいいものになった」と織田も絶賛。まさに「ハツダシ!」圧巻のステージはトリハダもの。

ほかにも、HIPHOPユニットCreepy Nutsがライブでしか演奏しない未リリース曲を披露。神泉系バンドとして注目されているフレンズも結成のきっかけとなった曲を初披露する。

<MC:小島瑠璃子 コメント全文>
元々は歌手志望だったので、音楽番組のMCを務めることができるのは本当に光栄です。アーティストの方のハツダシトークを引き出せるように、自分の言葉でお話を聞くように努力しました。この番組は、テレビ初披露のレア曲を聞けるのはもちろん、ハツダシ曲に向き合うアーティストの方々の人間性が垣間見えるのが魅力。こんな贅沢な音楽番組はないと思います。是非、ご覧頂けたら嬉しいです!

<プロデューサーからの一言>
普通の音楽番組では聞けない「思い入れはあるが未リリースの曲」や「訳あってボツにしてしまった曲」、「ライブだけで演奏するファンのみぞ知る曲」など、貴重な楽曲の数々を世に出す鍵となる番組になればと思います。

■出演者情報

 MC:小島瑠璃子
・6/4 OA予定アーティスト
大友康平/ダイアモンド✡ユカイ with 織田哲郎
・6/11 OA 予定アーティスト
Creepy Nuts/フレンズ