中川大志 杉咲花との待機中ショットを公開、「花晴れ」恋模様に涙するファン続出

ニュース 公開日:2018/05/23 50
この記事を
クリップ

4月17日の初回放送から、SNSやネットで盛り上がりを見せている女優の杉咲花が主演を務めるTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(毎週火曜よる10時~)に出演する俳優の中川大志が22日、同ドラマ第6話の放送前にアメブロオフィシャルブログを更新。杉咲との待機中ショットを公開し、「こんなに素敵な方とお仕事出来て幸せだなあ」と想いを明かした。



大ヒットコミック「花より男子」の新章となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」を原作とする同作は、伝説の4人組"F4"が卒業してから10年後、落ち目になった英徳学園を舞台にした痛快青春ラブストーリー。主人公の江戸川音役を連続ドラマ初主演の杉咲花、神楽木晴役を平野(King & Prince)、馳天馬役を中川が演じる。

「第6話の夜!」と題して更新したアメブロは、「火曜日です!毎週、この日が来るのを僕もワクワクしています。」と綴り、「でも、当たり前だけど回を追うごとに残りの回も少なくなってきてて…楽しみだけど、寂しい気持ちもあり。。寂しいんだけど、早く次の回を見たくなる、ワクワクする台本が僕らの手元に届きます。」と今の心境を明かした。

中川が演じる音の婚約者である馳天馬についても「天馬と過ごす時間も長くなってきて、天馬への想い、愛情が大きくなってきてて、新しい台本を読む度、そしてワンシーン演じる度に、苦しい事もあるけど、どうか幸せになってくれー!って。もうとにかく彼は僕であり、僕じゃないんですが、大好きなんです。そんな天馬を沢山の視聴者の皆さんにも応援して貰えて、僕も幸せです。。」と想いを綴っている。

また、第6話については中川は「今週もまだ僕は完成を観れてないんですが、台本読んだ時に気付いたら涙出てました。悲しいとかせつないだけじゃなくて、キャラクター一人一人の真っ直ぐな想い、優しさ、不器用さ、もがきながら一生懸命青春してる皆んなを見て、頑張れーってなりました!花晴れの中で、分岐点になるようなそんな回だと思います!」と振り返り、「大変だったけど、遊園地での撮影も楽しかった…花晴れ6話!皆さん、このあと!楽しんでくださいーーー!」と呼びかけた。

最後は、「雨の中カッパ着て花ちゃんと待機してる時。」と杉咲と待機中ショットを公開し、「花ちゃんの笑顔に僕は何度救われたか分かりません。多分現場のスタッフキャスト皆んな。役者としてだけじゃなくて、人としても、こんなに素敵な方とお仕事出来て幸せだなあ。」と杉咲への想いも明かしている。

第6話を見たファンから、天馬が初めて音へ感情を露わにしたり、音に気持ちを伝えた晴の切なすぎる結末に、「花晴れ観て、何回も泣いてます」「すごく胸がぎゅっとなりました」「みんな切なすぎます…」「皆んな切ない・・・胸が熱くなりました。」「嬉しい!切ない!悲しい!きゅん!」「晴も天馬くんも切なくて心が痛かった」「天馬くんにきゅんとしました」「涙…でした…」など切ない恋模様に涙する声や、「音ちゃんと幸せになってほしい。。。」「みんな幸せになってほしい~」「天馬くんの幸せを祈ってます!!」「天馬くん悲しいなんて見たくないよ 幸せになって欲しいーのに」などのコメントが相次いでいる。

「花のち晴れ~花男 Next Season~」(毎週火曜よる10時~)第7話は、5月29日(火)放送。