「孤独のグルメ」予想を遥かに超える韓国での認知度

ニュース 公開日:2018/05/22 6
この記事を
クリップ
}/

テレビ東京では、今年4月から放送中の「孤独のグルメ Season7」第9話(6/1)・10話(6/8)の2週にわたって、“韓国出張編”を放送する。

2012年に放送スタートした「孤独のグルメ」シリーズで、井之頭五郎が海外へと足を延ばしてグルメを堪能するのは、2015年放送(Season5)の“台湾出張編”に続いて2度目となる。




今回、松重豊演じる井之頭五郎が訪れるのは、伝統家屋が残る街・全州(チョンジュ)と首都のソウル。韓国語ができず、店やメニュー選びに四苦八苦する五郎ですが、身振り手振りと持ち前の食に対する“勘”を駆使して、まずは全州で自分好みのオリジナルの味を楽しめるビビンパを、そしてソウルでは「孤独のグルメ」最強メニューともいえる“焼肉”を堪能。圧巻の一枚肉、テジカルビの迫力は必見だ。

言葉の壁を乗り越えて、絶品グルメにありついた五郎ははたして何を思うのか。垂涎必至の韓国グルメと海を越えた五郎の食べっぷりに期待だ。

また今回の“韓国出張編”にはゲストとして歌手であり俳優業もこなすソン・シギョン、「ジュエリー」元メンバーで女優のパク・チョンアも出演。日韓俳優陣の共演にも注目しよう。

<主演:松重豊(井之頭五郎役) コメント>
Q.韓国での撮影で印象深かったことを教えてください
韓国でのこのドラマの認知度は、我々の予想を遥かに超えました。街行く酔漢に「コドッカンミシッカ」(孤独のグルメ)と連呼されるとは!

Q.韓国編のみどころをお願いします
味付けの発想を変えた、隣国の美味しい料理の数々です。

<ソン・シギョン(イム社長役) コメント>
一話も欠かさずに全部観た大ファンです。この度出演させて頂き、光栄でまるで夢のようです。実際、現場で見ると五郎さん、制作、演出、音響、照明の皆様が、人と料理、そしてそこから派生される文化に対して深い興味や愛情を持ってらっしゃることにとても感動しました。

<パク・チョンア(パク・スヨン役) コメント>
出演させていただき本当に幸せでした。日本語で演じるということで、とても緊張しましたが、スタッフの皆様のおかげで無事に撮影を終えることが出来ました。落ち着きがないキャラクターを可愛く(大きな心で)見てくださった五郎さんのお陰でさらに楽しく撮影させていただきました。

<プロデューサー・川村庄子 コメント>
韓国出張編に行ってみたいと常々思いつつ、その夢がやっと叶いましたが、地元の皆さまの五郎さんへのまさかの大きな反響と歓迎ぶりに驚くばかりでした。松重さんの前で、五郎さんの真似をしてみせるおじさままでいらっしゃったり…。韓国編は2週連続で放送しますが、美味しいものがたくさんありまだまだ食べ足りません。第二弾をぜひ企画したいと思いました。

(C)テレビ東京


関連タグ