高杉真宙 原因不明の目の充血に高橋克典が心配

ニュース 公開日:2018/05/15 65
この記事を
クリップ

俳優のディーン・フジオカ主演のフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(毎週木曜よる10時~)に出演している俳優の高橋克典が14日、アメブロオフィシャルブログを更新。「原因不明すっ」と同ドラマで共演する俳優の高杉真宙が原因不明の充血になっていることを明かし、ファンから心配の声が寄せられている。





同ドラマは、フランスの小説家、アレクサンドル・デュマによって1841年に書かれた復讐譚(ふくしゅうたん)「モンテ・クリスト伯」が原作。ディーン演じる主人公・柴門暖が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていくストーリー。高杉は、暖の恩人である漁業会社社長の跡取り息子、守尾信一朗役を演じる。第2話(4月26日放送)から登場した信一朗の真面目で心優しい人柄に、視聴者からは「ほんとにドロドロのドラマとは思えない唯一の癒しシーン高杉真宙くん」「信一朗君の場面では癒されてホッとしています」など話題も呼んでいる。

「モンテの撮影」と題して更新したアメブロは「守尾伸一郎役の高杉真宙くん。原因不明すっ こんなんなっちゃいました」と、左目が真っ赤に充血してしまっている高杉のどアップ写真を公開し、「あれま。イケメンが!イケメンが」と心配した。

ファンからも「澄んだキレイ瞳が可哀想」「イケメン君、お大事に!」「高杉さんオメメさんは結膜炎かなぁ、早く治ると良いですね。。」「早くよくなりますように」「つらたん...涙」「高杉さんの大きな左目が…。お医者さんに行ってきて下さいねッ!」「お目目が赤い!」「美男さんは、オメメ赤くても美男~」「お大事にして頂きながら撮影頑張ってほしい」「イケメン、台無しにならないように、お大事になさって下さいね」「あらーどうしちゃったんでしょ~」と心配する声が多数寄せられている。

フジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(毎週木曜よる10時~)第5話は5月17日に放送。真海(ディーン・フジオカ)の魔の手は留美(稲森いずみ)だけではなく、入間家にも…