3月第1週 仮想通貨ニュース【SBIバーチャル・カレンシーズ開業は夏頃か】

ニュース 公開日:2018/03/03 43
この記事を
クリップ

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が今年の夏までに仮想通貨取引所の開業ができるよう準備を進めている。開業の時期は、3月開催の主要20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議(G20)で議論される見通しの仮想通貨に対する規制内容、各国の対応などを踏まえ、総合に判断される見込みだ。





SBIVCは既に金融庁の仮想通貨交換業者の登録を完了しているため、コインチェック問題によって業界に対する信頼が揺らいだ事も開業時期の先送りに影響したのではないだろうか。

現段階でSBIVCで取り扱いされる通貨は次の4種類の通貨とされている。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)。有名で時価総額も高い4種類しか今のところラインナップには入っていないが、今後SBIVCにどの通貨が新たに追加されるのかは注目に値する。

また、親会社のSBIホールディングスではICOで500億円の資金を調達予定であり、この資金は環境整備、技術開発、セキュリティ対策に充てられる予定だ。さらに、ビットコインキャッシュの マイニング事業にもSBIグループ100%出資のSBIクリプト(SBI Crypto)を通じて参画しており、 国内最大規模の仮想通貨取引プラットフォームを構築するという目的に向かって着々と進んでいる模様だ。

関連タグ